これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

$1の映画館

一般的に言ってアメリカの映画館は日本と比べるとずっと安い。 いわゆるロードショーもので$6~8で見られる。 そしてさらにロードショー公開が終わった映画を専門に上映している格安映画館がある。 アルバカーキにあるその格安映画館の平日と週末の昼間料金はなんと$1。 レンタルするより安い。 画面の大きさも、音響効果も普通の映画館と変わらない。 ま、椅子は日本の映画館に比べればそれほど快適とは言えないが、そんなこと、Flying ShackのWashyさんに言わせれば、「小さな幸せにこだわって大きな幸せを逃している」典型かも知れない。

ロードショー公開が終わってからと言っても何かと忙しくしていると、あっと言う間にロードショーなんかは終わってしまう(1ヶ月から2ヶ月ぐらいかな?)ので、「待って見に行く」という感覚もない。 反対に「え、これもうあの格安映画館でやってるんだー! じゃ、見に行こうかな?」って感じ。

日本の映画館は飲食物をおおっぴらに持ち込んでもたいていは何にも言われないが、アメリカの映画館ではそれができない。 映画館内にある売店でバケツ程の大きさはあろうかというような入れ物に入ったポップコーンと「そんなに飲んだら映画の途中でトイレに行きたくならない?」と聞きたくなるサイズのソーダを買い込むのが定番。 私は買わないけどね。 しかし、映画館のどこを見ても「持ち込み禁止」と書かれているのを見たことがない(気がついていないだけかも)。それでも、例えばマクドナルドなんかを持ち込もうとすると没収されてしまうらしい。 ただ持物検査はしていないので、バッグのなかに缶ジュースとかおにぎりとか入れていてもバレないけどね。

映画の鑑賞で大きな違いは日本では映画の最後に出てくるクレジットロールを最後まで見てから出るけど、私が今までアメリカの映画館で見た経験からだけだが、ほとんどの人が映画が終わるとすぐに出て行く。 お行儀よく最後まで見る人はあんまり見かけない。 ひどい時は映画が終わった途端に劇場内の電灯がついたり、お掃除が始まったりすることもある。 正直言ってクレジットロールを見たからと言って何がわかるってこともないんだけど、時々「あの女優さん、どっかで見たことあるけど誰だっけ?」っていう時にキャストだけでも見ておきたいってこともある。 そういう時に限ってキャストは最後の方まで出てこなかったりする。 電灯の明かりで白んだ画面をにらむように見ている私はちょっとない風景かもしれない。

こんな風にハリウッド映画は格安で見るチャンスありありのアメリカだが、田舎にはインディー系をやる映画館はほとんどないし、ましてや外国映画なんてまれのまれ。 外国映画でもハリウッドでリメイクされたような映画は短期間上映されることもあるが、私が東京にいた頃よく行っていた“ユーロスペース”みたいな映画館には本当にお目にかかれない。 今もまだあるのかな、 ユーロスペース? ハリウッド映画ばかり見ていると時々ヨーロッパ映画なんかも見たくなる。 こんな時はやっぱりレンタルしかないかな? 皆さんの「アメリカのビデオ屋でも見つかる」外国映画のお薦めは何ですか?


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-03-11 19:38 | アメリカで生活する