これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

ヒューストン国際空港

まずは印象が新鮮なヒューストン国際空港から。 今回の日本帰国の経路は
アルバカーキ-ヒューストン-成田-伊丹
という具合。 行きのヒューストンではあんまり時間がなく、乗り継ぎで精一杯で免税店を覗いたり、初めて使う空港の見物もできなかったけど、帰りは優に3時間ほど時間があったので、色々と観察してみました。

今回初めてPermanent Resident Card(グリーンカード)を使ってUS Citizens & Residents(アメリカ市民および居住者)カウンターから入国手続きをしたのですが、拍子抜けするぐらいあっさり、なんの質問もなく手続き完了。 George Bush Intercontinental/Houston Airport (IAH) はいつできたのか知らないけど、新しいみたいでとっても広くてきれい。 この入国審査場も今まで私が使った空港(日本も含めて)の中で一番カウンター数が多いんじゃないかと思いました。 そして私が一番印象に残った事、それは入国審査を受ける人が並ぶその背面一面に窓があって、入国審査場がとても明るかったこと。 入国審査場っていつも薄暗くて、壁面もなぜかグレーに塗られていたりして、なんだか「じめ~っ」としたイメージがあったので、明るい入国審査場はとても新鮮に感じられました。

預けた荷物を受け取って、税関へ。 ここではスーツケースの中に食べ物が入ってないか聞かれました。 お土産にもらったおせんべいや、夫のリクエストの“お好み焼きソース”が入っていたのですが、疲れで頭に霞がかかったような状態だったので、何が入っているかすぐに思い出せず、「No」と答えてしまいましたが、そのまま通ってしまいました。 もし「Yes」と答えていたらどうなったのかわかりませんが、食べ物はやはり持ち込まないのが無難なのかも知れません。

国内線乗り継ぎに荷物を預けて、搭乗ゲートに向かう途中、現在位置を確認しようと案内図を見ていた私にTSA(Transportation Security Administration→預け荷物をチェックしたりボディチェックをしたりする方達)のおじさま二人が愛想よく「こちらのご婦人は何かお困りかな?」と話し掛けて来て私が現在位置を知りたいと言うと、「あなたは今このあたりにいて、こっちがターミナルD、であっちへ行けばターミナルAからC、でこっちの方向がターミナルEだよ~」とまるでディズニーランドで案内してもらってるような明るい乗りで教えてくれました。 去年アメリカに戻って来た時、薄暗いデトロイト空港でTSAにスーツケースの鍵を壊され中を点検されて以来「TSAキライ」の私でしたが、ここヒューストンは空港も明るけりゃ人も明るいのねー!とちょっと認識を新たにしたのでした。

目的の搭乗ゲートがあるターミナルEに出たところに私のお気に入りだけどアルバカーキにはお店がない L'Occitane(ロクシタン)と言う石鹸とかローションなどを売っているお店があったので、ちょうど成田-ヒューストン便で使い切ってしまったシアバター20%のハンドクリームを自分へのご褒美の意味で購入。

お腹も少し減ったので、アメリカに戻るとなぜか飲みたくなるルートビアとフレンチフライ、Kにはマフィン、ヨーグルト、オレンジジュースを買って全面窓の場所に移動して飛行機を見ながら食べたのですが、Kはマフィンより私のフレンチフライの方が気に入ったようで、次から次へとパクついていました。
c0039355_15543517.jpg

この窓の向かい側にはFOX SportsがやっているSky Boxというレストランがバーンと店を構えていました。
c0039355_1556375.jpg
私がいたウィングに向かい合うターミナルEのもう一つのウィングにも同じような大きさのレストランもあるようですが、時間があったとは言え、もう一つのウィングに行ってみる元気はさすがにありませんでした・・・

搭乗ゲートでベビーカーを預けた時、カウンターのおじさんはすごい南部訛りでちょっと面食らいましたが、ベビーカーはなんと自分で搭乗口まで持ってけ、と言っているので、背中にはパンパンに膨らんだバックパック、前には斜め掛けにしたショルダーバッグ、約15kgの幼児を抱っこして両手がふさがっているこのみじめな母親が目に入らぬのか~!と思い「手伝って」って言っても「人、いないから」でおしまい。 搭乗が始まったらそそくさと乗り込んでやりましたが、右手に息子、左手にベビーカーを引きずりながらやっとこさ歩いているのに他の乗客誰も手伝ってくれようともせず、搭乗口にいたフライトアテンダントもおしゃべりに夢中でこっちに気づかず、飛行機のエンジン音に負けじと張り上げた声「ベビーカーここに置いとくからネッ!!!」でやっと気づく始末。 そんなこんなで席に着き、離陸前には既に口をぽかーんと開けての爆睡となったのでした。 ~続く~

[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-04-10 16:20 | 旅行など