これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

This is mine!

うちのもうすぐ2歳8ヶ月になるちびプリンス君、Kは少しずつ完全な文章を言えるようになって来た。 それまでいつも単に "Mine! Mine!" と何に対しても独占欲丸出しだったのだけど、昨日初めて "This is mine." と言った時にはつい、「あ、そうでしたか。。。」って感じで指差していた鉛筆を渡してしまった・・・

最近のお気に入りフレーズは
"I did it!"
まぁ、本人は文章という認識はないのかも知れないけど、ちゃんと言っている。 こっちは「それどこで聞いたの~?」と不思議に思っている。 他には、冷凍濃縮ジュースに水を加えてジュースを作るってアメリカでは一般的なのだが、それを作っている真似をして私に
"Mama, you want juce?"
なんて聞いてくれる。 コップにジュースを入れる真似もして、"Here you go."と言って渡してくれる。 私がそれを飲むふりをして、「あー、おいしかった。」なんて言うと、今度は「もっと?」と聞いてくる。 なんでそこだけ日本語やねん! て感じだけど、私としてはもっと日本語を話してほしいな。

これに加えて、最近ご近所さんの韓国人家庭に昼間約3時間ほどベビーシッターを頼んでいるのだが、私が仕事の前に連れて行くとなんと「アンニョンハセヨー」と言って頭まで下げたのにはびっくりこいたよ。 そこには4歳の女の子と2歳になったばかりの男の子がいて、Kはもう毎日そこのお家に行くのが楽しみでしょうがないみたい。 そこのお家にいる間は言葉は韓国語なので、彼はそこの子供達の名前は英語名じゃなくて韓国名で呼んでいる(らしい)。 家に帰って来てもたまーに、韓国語っぽい言葉を言うのだけど、私にはそれが韓国語かどうかさえ実はわからない・・・

中国人のお家に遊びに行くと中国語を覚えて来るし、お隣りのNさんちに行くとスペイン語だし、すごいマルチリンガルな環境だ! ここのアパートに住んでいる子供達のほとんどはネイティブなバイリンガル。 で、親もバイリンガルが多いが、時々英語だけでは意思疎通がうまくいかない時があるので、中国人の方と話している時は時々筆談となる。 おじいちゃん、おばあちゃん世代になると、みんなモノリンガルなので、孫が通訳してたりするんだよね。 こういう環境なので、Kがマルチリンガルになれる可能性も有りか!と期待したりしている。 でも問題は私の方がせっかくKが何か言っていてもそれが何語なのかわからないことだ。 まー、今はまだ半分以上が“K語”なんだけどね。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-08-13 15:39 | アメリカで生活する