これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

理想のトラベル・マグ

私が理想のトラベル・マグを探し出してから、かれこれ10年近くになる。 どれを取っても「帯に短し、たすきに長し」というものばかりで、探してはいるものの妥協できなくて、一個も買ったことがなかった。 私の理想のトラベル・マグの条件は・・・
プラスチック製じゃないこと (あっついコーヒーを入れるのにプラスチックはちょっと抵抗有り)
取っ手(ハンドル)が付いていること (やっぱり取っ手は付いてると何かと便利)
飲み口に蓋ができること (飲み口に蓋がなかったら中身がこぼれる)
スライド式の蓋じゃないこと (スライド式の蓋は中身がもれる)
飲んでいる間は飲み口の蓋を固定できること(飲む時マグを傾ける度に蓋が鼻にあたるとうっとしい)
見た目がそれなりにかっこいいこと (やっぱ飲むのが楽しくなるようなのがいいよねぇ)
車のマグ受けに入る (持ったまま運転するわけにいかないし)
価格は税抜きで$10(日本だったら千円)以下 (マグにそれ以上はかけられません)

特に最後の$10以下では正直な話、理想に近いマグは買えないので、これが一番高いハードル。

ところが、めぐりめぐって・・・ この間アルバイトが終わって、なぜかすごーくキャラメルマキアートが飲みたくなり、同じショッピングモール内にあるスタバへ寄る。 目的のものを入手して「んー、なんか薄いなー」と思いながら店内をブラブラしてると、アンテナがピピッと反応したよー、“Clearance”の文字に! そこに一つだけ残っていたマグが理想のマグに限りなく近い! あと問題は値段だ。





$9.99だったぁ~! これってやっぱり運命かな~。 即買い決定!

別にスタバのマグじゃないと、というわけではなかったのだけど、「限りなく理想に近いトラベルマグ」はこんな感じ。

c0039355_1551929.jpg
この“ライム”って言う黄緑色はそれほど好きではないのですが、、、

c0039355_1565257.jpg飲み口の部分はこんな風になっていて・・・

c0039355_1571136.jpgそしてこんな風に後ろでパチンと固定できる!

c0039355_1584527.jpg
中はこんな感じのアルミ製。

何もこんなに写真まで使って紹介するほどのことでもないのかも知れないけど、10年探した甲斐があったよ~!と本人はいたく感動中。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-09-02 15:23 | アメリカで生活する