これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

New Mexico State Fair その1

去年行き損ねたステイトフェア。 毎年9月に行われるのだが、今年は9月9日から9月25日の17日間行われた。 この頃になると、「ステイトフェア行った?」、「ステイトフェアいつ行く?」とよく聞かれるほどのイベント。 10月にはバルーンフィエスタもあるので、ニューメキシコではイベントシーズンは9月から始まるのかも知れない。 (11月はサンクスギビング、12月はクリスマス)

今年はアメリカでは根強い人気のカントリー歌手、リアン・ライムズがフェアの初日を飾り、2日目にはなんとアリス・クーパーとチープトリックがコンサートをした。 ステイトフェアと言うとどうしても「カントリー!」ってイメージなので、アリス・クーパーとチープトリックはなんとなくちぐはぐに思えたんだけど、実際はどうだったんだろう・・・

私達が行った日はかなり空いていて、特に目立ったパフォーマンスやフェアグランド内のデイリーイベントもなかったのだが、併設の遊園地でKがすごくやりたがったのがこれ。 
c0039355_7394192.jpg
かなりの高さから滑る滑り台! 写真ではよく見えないかも知れないが、私の顔は苦痛でゆがんでいるのに、Kは満面の笑み。。。 けっこうなスピードが出て、正直、怖かった・・・ 「もっと、もっと! おねが~い!」というKの頼みも丁寧にお断りして、次のアトラクションへさっさと移動した私だった。

州警察が出していたバンでやっていた子供の写真付き十指指紋IDカード作成サービス。 アメリカでは子供の連れ去り、誘拐事件が頻繁におきていて、警察でこのIDカードを無料で作ってくれる。 万一の時はそのカードを警察に提出するのだそうだ。 そういうことが起きないのが一番だが、作ることにした。 担当の警察官がKの名前を見て、いきなり「ゲンキデスカ~?」(効果としてのカタカナ)と聞くので、びっくりした。 何でも沖縄の嘉手納基地と東京の横田基地に合計9年間駐屯していたそうだ。 なかなかの男前なので、きっと六本木ではブイブイ言わせてたに違いない、などと邪推してみる。 ここで風船をもらいご機嫌になったKと共に先へ進む。

ステイトフェアに行く前に、Tが大学の教授から、「パイで評判の店がフェアグランドにある」と聞いていたらしいので、パイ好きの私は「えー、なんて名前?」と聞くと「忘れた。」という返事。 全く情報になっとらん! しかーし、私は見つけてしまった。 看板にパイの絵がついているのにアンテナがピンと来た。
c0039355_8153517.jpg
中に入るとパイメニューと軽食メニューがあって、パイだけでもこんなに種類が! 
c0039355_816274.jpg
この横にはステイトフェア期間中、何切れパイを売ったかという電光掲示板が設置されていて、なんと!一万二千二百九十七枚!!  
c0039355_8163671.jpg
私達がそれぞれ、チョコレートチップパイ($2.50)とチェリーパイ($3)を買ったので、12,299枚になった。 
c0039355_817310.jpg

これが私達のパイ。 チェリーパイはずいぶん前に見た「ツインピークス」のクーパー捜査官の好物だった事から、私もはまった。 (←結構TVに影響されやすいタイプ。) このチェリーパイはありがちな合成着色料入れましたー!って言う感じの真っ赤なチェリーパイとは違い、素朴でなんだかおばあちゃんが作ってくれそうなパイの味がした。  <つづく・・・>


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-09-27 08:19 | アルバカーキとその周辺