これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

Albuquerque International Balloon Fiesta Vol.2

世界各国からバルーニスト達がやって来るこのアルバカーキインターナショナルバルーンフィエスタ。 日本からも今年は2組やって来ていたようでした。 そのうち去年も来ていた組の写真で、熱気球をどうやって膨らませるのかをリポートしてみたいと思います。

c0039355_405550.jpg

気球をゴンドラ部分も含めて、横に広げ、開口部分を持ち上げ、そこへでっかい扇風機で風を送り込みます。 写真には写っていませんが、気球のてっぺんにあたる部分にロープがついており、そのロープをつかんでいる人がいて、まんべんなく風が行き渡るように調節しています。
c0039355_44229.jpg
だいぶふくらんで来ました。 真中で開口部を持ち上げているのが日本人パイロットさん。
c0039355_465061.jpg

気球が半分ほど膨らむぐらいに風を送り込んだら、今度はバーナーを点火して空気を暖めます。 バーナーの火が少し見にくいかも知れませんが、右端に写っている男の子の左肩上あたりに炎が見えます。
c0039355_410179.jpg
うまく膨らみました! 「花と気球の里 幌比内」! あれ? “幌比内(ほろびない)”って、、、もしかして私の大好きな反町が主演した映画「GTO」に出てきた町??? 架空の町のはずなんですが、、、聞こうと思いましたが、パイロットさんはもうすでに上空へ・・・

去年初めてこのバルーンフィエスタを見た私達家族ですが、Kは非常に印象が強かったようで、この一年間、気球の写真や絵をどこかで見るたびに「あぬーん! あぬーん!」(“バルーン”とちゃんと言えない)といつも言っていました。 去年のバルーンフィエスタの写真を取り出してはながめていたのです。 そして今回は「K、今日どこに行くの?」と聞くと「バルーンふぃっちゃ」と“フィエスタ”はまだちゃんと言えないけど、“バルーン”は言えるようになっていました。 こういうところにも子供の成長が見れるんだなー、と今年はちょっと違うところに感心。

実は今日からこのバルーンフィエスタを見に母が日本からやって来るので、今年はあと最低2回は行く予定。 夜のバルーンもとても美しいので、写真がうまく撮れたら、またアップする予定です! その他、サンタフェを含め、いわゆる観光地はまわるつもりなので、「アルバカーキとその周辺」カテゴリーがやっと充実させられそうです。 お楽しみに~!

[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-04 04:26 | アルバカーキとその周辺