これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

自分へのご褒美-Oakleyのサングラス

c0039355_1437277.jpg


こんなのを買っちまいました。 OakleyのWireシリーズの一つ、Whiskerというモデルです。  (写真がでかくてすみません。 しばらく写真をアップしてなかったら、サイズ変更の仕方を忘れてしまいました。 思い出したら後で調整してみまーす。)

車を運転する時にサングラスは必需品。 それも日光燦燦のニューメキシコならなおさら。 サングラスをせずに運転して目がくらんでしまい、駐車していた車に追突した日本人の友達が以前いました。 警察官に「なんでサングラスをしないんだ!」って怒られたそうです。

今まではウォルマートとかの安物で我慢していたのですが、会社から従業員紹介ボーナス(従業員が募集職種に誰かを紹介し、その人が採用されたら、試用期間経過後に紹介者にボーナスが支給されるシステム)で、$100を頂いたので、それに自分で足して買いましたぞよ!

なぜか私の目は光に弱いらしく、ちょっと曇っていてもまぶしくて仕方ありません。 なので、今回はふんぱつして偏光レンズにしました。 ほんと、安物を使い続けた後だけに、違いが歴然。 ほんとよく見えるわ~! と感動してます。 あー、本物のサングラスだー!! 幸せー!! って感じ。

だいたい私のサングラス歴はスキーを始めた頃、80年代頃からになるわけですが、スキー用ゴーグルも偏光レンズに取り替えられるものだったりしました。 偏光レンズだと吹雪いてる時でも、曇っている時でも斜面がはっきりと見えるんですよね。 当時はOakleyも出始めたばかり位で、初期のEyeshadeというサングラスとゴーグルの間のようなものも使ったりしていました。  今も大事に取ってあるのは、まぁ、センチメンタルバリューでしかありませんが、Vuarnet(ビュアルネ)のSkilynxとかBollé(ボレ)とか。 Bolléはけっこう今でも通用するデザインなので、緊急用に車に常備してあります。 なんせサングラスなかったら運転に支障をきたしてしまう私なので。  と、こう当時流行ったブランド名を見てちょっと懐かしくなったあなたは私と同年代ですか???
[PR]
by soylista_y_bonita | 2007-03-29 15:21 | アメリカで生活する