これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

人が動けばチップも動く

(いや~、PCの調子が悪くて、直してもらってたら、全然更新できませんでした。 コメントは別のPCからちょこちょこって書けたんだけどね。 こういう書き物って私の場合、うるさいとこではできないので、T(夫)とK(息子)を寝かしつけてからになっちゃうんで、その別のPCからはできませんでしたー。)

アメリカでホテルで荷物を運んでくれたポーター、タクシー、そしてレストランで食事したら食事代の他にチップと呼ばれる心付けがいる、というのは有名な話だから、海外旅行をした人は少しはチップの経験があるのではないかと思う。 日本にあるような喫茶店に私はアメリカで遭遇したことがないのだけれど、もし日本と同じようにお茶やケーキなんかを持ってきてくれる喫茶店があれば、やはり同じようにチップがいるだろう。 チップの相場はだいたい飲食代の15~20%ぐらい。 スタバやファーストフードなどセルフサービスのところはレジ近くにチップをいれるビンが置いてあったりする。 こういうところは律義に15~20%とかじゃなくて、単にお釣の硬貨を入れたりするだけでも問題なし。

ただ、チップの習慣がない日本から来ると、これがすごく面倒だ。 初めてクレジットカードで食事した時、どうやってチップを払えばいいんだろう、ドキドキ・・・なんて思っていたら、やって来たレシートにちゃっかりチップを書く欄がある。 そこにお客さん本人が渡したいチップの額を書き込んで、合計金額も“お客”が計算して書き込む。 もし、チップは現金で置いていきたければ、レシートのチップの欄には「0」を書いておけばそれでいい。 こういう作業は慣れないうちは本当に面倒くさい。 でもよく考えれば、チップはお客さんの満足度を示すものだから、サービスが良くてまた来たいな、と思えば、ちょっとはずむ。 反対にサービスが悪くて、二度と来るもんか! なんて時は1セント硬貨だけ置いておく、なんてこともできる。 こういうところにもアメリカらしい自己主張の習慣が見える。

このチップ、実はウェイティングスタッフだけではなくて、厨房で働いているコックさんや洗い場さんにも分配されるので、少しでもチップの額を上げようとウェイティングスタッフもいろいろ飲み物やら、サイドディッシュやらデザートなんかを薦めて来る。 こういうチップも収入の一部になる仕事をしている人をアメリカではtipped employeesと呼んでいる。 アメリカ連邦政府は一般就労者の最低賃金は現在$5.15、そしてチップ込み就労者の最低賃金は$2.13と取り決めている。 アメリカでは州ごとに法律が違ったりするが、最低賃金に関しても連邦政府が定める額を下回らなければ州が決めることができる。(カンザスとオハイオは例外) 例えばニューメキシコのチップ込み就労者の最低賃金は$2.575。(←ずいぶん細かい) カリフォルニアは一般もチップ込み労働者も同じ最低賃金で$6.75となっている。 (参考:U.S. Department of Labor Employment Standards Administration Wage and Hour Division) もし、チップを足しても最低賃金に満たない場合は雇い主がその差額を払わないといけないことになっている。 だから、チップを稼げない人はすぐクビになったりするわけだ。

このtipped employeeのカテゴリーに入らない職業でもチップを払う習慣が色々あるというのにアメリカに住んでから知った。 例えば、宅配ピザのドライバー、美容院、ネイルサロン、エステティックサロン、何かの修理に来てもらった時などなど。 初めてアメリカで美容院に行った時、チップを払うなんて知らなかったので、そのまま請求された金額だけ払って帰って来たことがあった。 どおりで会計の人が変な顔をしていたわけだ。 ま、そこへは一回しかいかなかったから良かったけどね。

人が誰かにサービスをすれば、相手は受け取った商品だけでなく、その人から受けたサービスにも報酬を払う。 それがこの国の考え方のようだ。 日本はこういう習慣がないのに、結構サービスがいい。 時々、かゆいところに手が届くような日本のサービスが懐かしくなって、「ちょっとチップ減らしとこ・・・」と愛想の悪いウェイティングスタッフを横目に考えるケチンボの私だった。



[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-02-14 19:53 | アメリカで生活する