これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

味噌汁--It's a serious matter, mom!

今日、ちょっと面白いことがあった、というか、他の人にとっては「ふ~ん、そう」って感じの話かも知れないが、書いておこうと思う。

うちには2歳になる息子がいるのだが、味噌汁がとにかく大好き。 具は豆腐とワカメ。 これさえあれば、他には何もいらない!というぐらいに好き。 言葉を少しずつ話し出したところなので、ちゃんと「みそ」と言えず、「ちと、ちと、ちと~!」となぜか3回繰り返していつも言う。 日本で生まれたので、離乳食は主に和食が中心だったせいか、彼はどっちかと言うと和食党。 ごはん、味噌汁に始まり、納豆も大好物。 肉より魚、スパゲッティよりはうどん、ピザよりはお好み焼き・・・という感じ。 これっていわゆる「刷り込み」に近いものがあるような気がする。 まぁ、パンも大好きだけどね。

できたての味噌汁はもちろんすごく熱い。 いつも使うお椀に味噌汁をよそって冷めるまで待つのだが、それがとてももどかしいのか、台所に入って来て、「びぶ! びぶ!(bib=よだれ掛け、食事用の幼児エプロンのこと)」とエプロンを要求し、まだ食事用のイスに座ってもいないのに、食事用エプロンをして味噌汁に備えるのだ。 食べ出したら、真剣そのもの。 一言も話さず、一心不乱に豆腐やワカメをすくって食べる。 具がなくなったら、自分の顔が隠れそうなお椀をちっこい両手で持って、残った味噌汁を飲み干す。 お椀の後ろから満足げな顔が現れるとこっちまで嬉しくなる。 こんなにおいしそうに食べてくれて幸せっ! と思う瞬間だ。

ところが、今日私は重大な間違いをしでかしてしまったようだ。 具がなくなったようなので、用意しておいたごはんを少し、味噌汁の中に、本当に少しなんだけど、つい入れてしまったのだ。 それまでご機嫌よく食べていた彼の表情は一変! スプーンを放り投げる、お椀を押しやる、「No! No! No!」と泣き叫ぶ、とまぁこっちの方がびっくりしたよ。 そこまで味噌汁に執着しているとは! 正確には何を言っているのかさっぱりわからないけど、まるで、「何すんだよー! オイラの味噌汁が台無しじゃないかー#!!!!!(怒)」と言っているようだった。

確かに私も自分が食べていた味噌汁にいきなりごはんを入れられたらいやだな、とちょっと反省した。 その後は T がごはんに味噌汁をかけたら、意外にも機嫌を直して食べていた。 彼にとって味噌汁は真剣に扱うべきものなのだ。

今日はママが悪かったけど、今度チャーハンした時はちゃんとお肉も食べるのよっ!



[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-02-16 17:09 | アメリカで生活する