これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカで生活する( 82 )

1月前半、何をしていたかと言うと・・・ 

去年の11月に買ったfILOFAXをとうとう新年から使い出した。 それを見ながら、ブログに書けなかった1月+αをちょっと振り返ってみる。

12月31日(土)
大晦日だと言うのにバイトに行く。 なんと思いの他、忙しかった。 皆どこかへ旅行に行ったりしないのかな~? この日の朝、もうすぐ私の誕生日なのに、パーティの予定もない私はちょっとTに文句をたれた。 毎年、Tの誕生日、Kの誕生日には私が色々と料理を作って誕生日パーティを開いているのに、Tはつきあっていた期間も含めて、一度も私のためにパーティをしてくれたことがない!! とか何とか。 Tの返事は「だってしてくれって言ったことないじゃん」だって。 してくれって言わなくてもするのが、誕生日パーティだろーがっ! と言い残して家を出た私。 仕事を終えて帰って来たら、家にはいっぱいの風船と小っちゃなバースディケーキとプレゼントが。 今までサプライズパーティなどしたこともされたこともなかったので、とても嬉しかった。 突然だったので、招待客は階下に住むローズさんだけだったけど、例の誕生日三角帽子もかぶってろうそくの火を消した。 文句もたれてみるもん?かなーーー。

1月1日(日)~1月3日(火)
Taos(タオス)へ初めて行く。 もうちょっと長くいたかったな。。。 またTaosについては写真も含めてアップの予定。

1月5日(木)
Kにトイレに行く動機付けとデイケアがどういものかを見せるために、アパートのすぐそばにあるデイケアに見学に行く。 ここは3歳から受け入れているのだけど、トイレが完全に自立していないと入れてくれない。 デイケアに行くという動機付けは成功したようだけど、トイレの方はまだまだ。

1月6日(金)
Tの冬休み最後の日のこの日、アルバカーキに来てからは初めてのマッサージセラピーに行く!!! 家からそう遠くはないところにマッサージセラピーの学校があって、Student Clinicも併設されている。 そこの学校の学生がマッサージをする場合は一時間$25也。 格安!! 経費削減中の身にはとっても嬉しい価格。 学生セラピストとは言え、私が当たったセラピストさんはとっても上手だった。 それまで体になんとなく不快な感じがあったのだけど、かなり軽くなった!

1月7日(土)、8日(日) バイト

1月11日(水)
CYFD(New Mexico Children, Youth & Families Department)にデイケア保育料補助申請に行く。 これは州政府の低所得者向けサービスの一つで、前々から聞いてはいたのだけど、やっと本格的にトライしてみることにし、書類などを揃えてオフィスに行ってみた。 Tからかなり待たされるのを覚悟しててね、と言われていたのだが、15分ぐらいで名前が呼ばれ、30分ぐらいであっさり許可が出た。 年末に見学したデイケアで枠が一人分空いていて、それを保留にしてもらっていたので、CYFDを出た足で書類を持ってそのデイケアへ直行。 明日からでもKを連れて来ていい、ということだったのだが、何しろ補助の許可が出ると思っていなかったので、気持ちも物質的にも全然準備ができていない。 とりあえず、翌週の火曜日(月曜日はマーチン・ルーサー・キング記念日で休みだった)から通い始めることに! やったぁ!!! とうとうKもデイケアだ! これで、少し自分の時間が増えるかも、と思ったら本当に文字通り、嬉しかった。

1月12日(木) 月一回のお魚クラブの日。

1月13日(金)
今年最初の日本語プレーグループ。 ポットラックでプレーグループメンバー皆さんのご馳走を頂く。 一杯食べて、一杯おしゃべりして楽しかったー! でも翌週からKがデイケアに行くことになったので、この日を最後にしばらくはプレーグループもお休み。 このグループではたくさんのお母さん方とお友達になれて、本当に楽しかった。 おしゃべりしながら、色々な情報を交換したり、相談し合ったり。 去年の秋ごろから参加して短い間だったけど、毎週金曜日がとても楽しみだった。 また、機会を見ながら、顔を出したいな。

1月14日(土) バイト
バイトが終わった後に、Borders(本屋)に寄る。 誕生日プレゼントにNikoraさんがBordersのギフトカードをくれたのだ~! 何を買おうかな、と頂いてから考えていたのだけど、久しぶりにCDを買おうと決めた。 去年の11月に出たアラニス・モリセットのベスト盤。 CDを買ったのっていつ以来だろう。  いい盤でしたよ。 一人で家にいる時に大音量で聞きたい! あと、TVドラマ『Medium』のモデル、アリソン・デュボワさんの本、"Don't Kiss Them Good-Bye" を購入。 Nikoraさん、ありがとね~♪

次のエントリーへ続く・・・
[PR]
by soylista_y_bonita | 2006-02-04 19:02 | アメリカで生活する

私の2005年

そんなこんなで悩みの尽きないわたくしでございますが、ちょっと今年を振り返ってみようかなー。

今年の一月末近くからこのブログを始めたことが、私のアルバカーキ生活に大きな変化を与えました。 一つにはそれまでに自分の中に溜まっていたものがどどーっと文字となって目の前に現れてかなりのストレス発散になったこと。 そして自分だけの一方通行の日記帳ではなく、ネット上で書くと言うインタラクティブ(双方向性? 発信者と受信者が意思疎通できるような状態と言ったらいい?)な環境下で、たくさんコメントを色んな方から頂いて、視野が広がったこと。 そして何よりもコメントを下さる方々と素晴らしい出会いができたことに尽きます。 中には実際にお会いしたり、メールで連絡を取ったり、物々交換したり、とても楽しい出来事もいっぱいありました。

一番大きな転機というか変化は8月始めに原爆被爆者の方々のボランティア通訳をやったこと。 私が通訳をやったその講演会を聞きに来て下さったアルバカーキ在住の日本人の方達とお会いしてから、突然、私自身も本当にびっくりするぐらいの勢いで私の日本人ネットワークが広がって行きました。 特に日本人だけと付き合いたいとかつるみたいとか言うのではないけど、やっぱりアメリカという私にとっては外国で暮らして行く上で、ブログを日本語で書くことも必要だけど、日本人を相手に日本語で「会話する」ということも非常に大切な時間になって来ていたのでした。 そしてお魚クラブに参加して、料理も熱心にするようになったり、日本語プレーグループにKと一緒に参加して情報交換(ま、ただのおしゃべり?という見方も・・・)したり。 以前よりもっと積極的に外に出るようになり、そしてそうこうする内、日本人は私一人だったこの大学の学生家族寮に私と同じような立場の日本人、Nikoraさん一家が越して来られて、そこからも日本人に限らず人間関係が広がったり。 私の2005年は人間関係の大いなる発展に支えられました。

仕事に関しては今年初めのオファーを蹴って以来、なんとなく諦めモードでしたが、4月には採点のアルバイト、6月から今のリサイクルショップのアルバイトを始め、時給は低いけど、子供もまだ小さいし、パートタイムという就労形態も捨てたもんじゃない、と思うようになりました。 正直な話、経済的にはかなり厳しいけど、色々と調べると様々なサポートを受けられることもわかり、なんとかやって行けてます。 ただ、怖いのはこの状況に慣れてしまうこと。 補助を受けることはもちろん悪いことではないし、自分に定収入があった時にはそれ相応の税金を払っていたわけだから、受け取る権利もあるわけだけど、この「なんとかなる」というのに慣れてしまうともうそこから上に上がって行けないような気もするのです。 低所得者層が減るどころかどんどん増えて行って、行政の負担もどんどん増えて行く、という悪循環はこういう人間の弱いところ、怠惰な部分に根差しているのかも、と理解できるようになりました。

11月の感謝祭も終わり、本格的なホリディシーズンに入った12月。 とにかくKの誕生日までになんとか全てをやり終えてしまいたい、という気持ちでわさわさと毎日やっていたのですが、来ましたよ、やっぱり。 Kの誕生日が終わってクリスマス直前、インフルエンザが。。。  久しぶりに熱も出、節々が痛くて食欲もなく、4日間寝込みました。 クリスマスのご馳走にはありつけず、 卵おじやとチキンヌードルスープの日々。(涙)

そんな私にひょんなところから、仕事のお誘いが。 まだ寝込んでいた時に、ある全米展開のオフィス関連用品小売・卸大手の会社から電話があり、クリスマス明けに面接したいとのこと。 自分で直接応募していないので、多分、CareerBuilderとかMonsterなどの就職情報サイトに登録してあった私の履歴書を手に入れたのじゃないかな。 仕事は小売店の方ではなくどちらかと言えば、企業相手の営業職。。。 またこのことについては別エントリーで。

そう、私の2005年は人間関係がダイナミックに変化した年、ということに尽きそう。 そして来る2006年はKが生まれてから私がずっと葛藤して来た、家庭と仕事の両立、というテーマに向き合うことから始まりそうです。 

このブログに来てくださる皆さん、読んでくださって本当に有難うございます。 来年もぜひどうぞよろしくお願いします。 2006年が皆さんにとって輝かしい年となりますように!! 

PS: 元旦から2泊3日でTaos(タオス)に行って来ます。 すごーく久しぶりにスキーしようと思ってます。 怪我しないように祈っててね。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-12-31 02:25 | アメリカで生活する

英語でごめんね

I have tons of staff I want to write about and express myself, but somehow I think only in English at least for now.

I just struggle everyday with my life thinking where to go, how to live and what to be, still now, right before my **th birthday. I guess people, who are like my age, should already know their way to go and might have settled down, but about me, I feel I’m in the middle of everything, like being a wife, mother, woman, education, career etc. I feel I haven’t accomplished anything; actually it’s not true, thank goodness. If so, what is this feeling? I’m at nowhere, no signals, no signs, no nothing.

I guess I just need to deal with this feeling more seriously. I guess I have been ignoring this kind of feeling for a long time. I have known I need to face it but I kept walking around it. Maybe this is not a right statement. I did deal with many little things everyday by making decisions but now I’ve got to commit something bigger. Must be this is the time. Time to think out of the box.


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-12-29 14:05 | アメリカで生活する

年の瀬

うちは12月に二つビッグイベントがある。 一つはKの誕生日、 そしてその1週間後にクリスマスがやって来る。

なので、11月のサンクスギビングが終わったら、真剣に、本腰入れて準備を始めないと、共倒れになる可能性大。 去年はすっかり出遅れて、クリスマスカードはとにかくアメリカ国内向けには書いたけど、日本向けには「まー、新年までに届けばいいかー」という調子でやっていたら、結局全部書けなかった。

その反省を込めて、今年は前倒しで始めて、Tのクリスマスプレゼントも買ったし、今日はTに頼んでKの誕生日とクリスマスプレゼントも買って来てもらった。 Kの誕生日パーティの計画も進んでいるし、クリスマス・新年カードも全部書き終えた~~!!

でも、手で書くことを毎日していないから、手首や指がすごく痛くなって、なんか情けなかった。 10枚書いたら、結構疲れた。 こうやってブログを書くときもタイプしてるだけだから、あんまり手首の疲れなんて感じないけど、久しぶりに漢字を書いて、手書きって労働だったんだ、と思った。

そこで、何が割を食っているかというと、クリスマスツリー、ブログ、読書。 やっと今日ツリーだけ出した。 オーナメントは物置の一番奥底に眠っているプラスティックコンテナの中。 あ~、あの箱にたどりつくまでに、一体どれだけの箱、物を動かさなければならないかを考えると、完全に気持ちが萎える・・・

ブログは書こうと思っていることはたくさんあるのだが、文章を練りながら、写真もアップしながら、取材もしながら、、、となるとどうしても時間がかかってしまう。 なので、こうやって、"夏休みの日記”風ブログでお茶を濁す。

読書は今読んでいる「PREDATOR」がなかなかおもしろいので、ずっと読みたいのだが、こちらも辞書ひきひき時間がかかるので、今お休み中。 日本語訳の方はとうとう明日、15日、「神の手 上・下」として発売される。 やっぱり日本語訳発売までに読了は無理だった・・・ でも、日本語訳を読む方達より、一足お先にある秘密を私は知っている。 ふっふっふ。 (超せこい優越感)

アメリカの年の瀬は25日。 それまでが勝負! あと10日ガンバロっと。




[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-12-14 17:38 | アメリカで生活する

Super Momを目指します

宣言: ゛来週”はスーパーママを目指します。

取り合えず、来週一週間頑張ってみます。 今週は初っ端から風邪っぴきで家事全般が滞ってしまいました。 クリスマスカードもあと7枚ほどで終わりなのに、そこで止まってしまっているし、洗濯物は立派な山になってるし、暖房が入って乾燥しているのも手伝ってダストバニーが家中遊びまわってるし。 (恥さらし状態) ブログも書こうと思っていることがたまっているし・・・

まずは明日朝、郵便局に行き、正午からバイト、バイトが終わったら食品の買い物。 そして、夜は月曜日からやることを書き出すことにします。

これも気分が急く師走のなせる業でしょうか。 最近ぐーたら続きなので、気合入れて頑張ってみます。 おりゃー!! (←一応気合・・・)



[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-12-10 16:32 | アメリカで生活する

今一番欲しいもの

この間は「今一番やりたいこと」を書いたけど、もうすぐクリスマスだし、私自身の誕生日も間近に迫っていることだし、「今一番欲しいもの」を考えてみる。

今一番欲しいもの・・・それはずばり「時間」。 それも「私一人の静かな時間」が欲しい。 やっぱり一人暮らしが長かったせいか、山羊座の下に生れ落ちたせいなのか、孤独な時間って私には必要。 でも、これは有形物じゃないから、別の“モノ”を考えよう。

最近はすっかり物欲も鳴りをひそめ、欲しいなぁ~、と思うものは結構所帯じみたものばっかりだったりする。 第1にはディッシュウォッシャー(食器洗い乾燥機)。 これにはうちのTも賛同してくれるはず。 私達が住んでいる学生家族寮は築30年と古い上、光熱費込みの家賃になっているから、よけいな物は設置できない規則になっている。 その最たるものがディッシュウォッシャー。 あぁ~、ディッシュウォッシャーがない生活をもう5年もしている・・・  というかあった生活はたったの5年なのだけど、あれは持つともう手放せないね。

あとは洗濯機と乾燥機。 これもディッシュウォッシャー同様、ここに住んでる限りはどうしようもないので、手が届きそうなものを考えてみる。

洋服 ・・・ どこに着ていく?
靴 ・・・ まだ50足以上あるし。
バッグ ・・・ この3年間、ずっとマザーズバッグで、この先あと3年はそれ系のバッグだな。
本 ・・・ 読んでない本がツンドク地帯に並んでます。
アクセサリー ・・・ アクセサリーはいいね、場所取らないし。 でも、すでにかなりの量。
化粧品 ・・・ 化粧、ほとんどしないし。

とこう書いてるだけでも、なんか夢がないねー。 でも、今一番欲しいなぁ、と思っているのは実はなんのかんの言っても女性の永遠のお友達、ダイヤモンドジュエリーですね♪  婚約指輪を買った時、お店の人に言われた言葉、「ダイヤモンドって年々縮むのよ」。 その時は「まっさかぁ~!」って思ってたんだけど、その言葉を6年経ってしみじみ実感する今日この頃。 ま、指輪より、ネックレス、ブレスレット、ピアスがいいな。 スイートテンダイヤモンドまで我慢するか。

そこで今年、夫に出した、彼が学生の身分でも買える範囲の価格設定に気を配って厳選したクリスマスと誕生日のウィッシュリストは、、、、


*スパイログラフ セット: スパイログラフが描ける定規みたいな道具とペンがセットになったもの。 スパイログラフってこういうもの→

*アメリカ50州記念クウォーターコレクターブック: 一年に5州分ずつ発行される25セント硬貨をコレクションしておく台紙。 もちろん、P(Philadelphia)とD(Denver)と二つの造幣局をコレクションできるようになっているもの。

*調理用包丁: ゾーリンゲンのヘンケルスを指定。 アメリカで普通に安価で売られてる包丁って切れない。 反って危ない。 でも、ヘンケルスは一丁$40ほどする。。。

なんか最初の二つは結構オタクの香りが・・・ しかし、スパイログラフは小学校の時大流行して、結構な数の同級生が持っていたが、ねだる私に母が「そんなものすぐ飽きるからダメ! 大体゛みんな”って誰と誰なの!? ゛みんな”が持ってるもの、持ってても楽しくないでしょ!」というわけのわからない理屈をこねて買ってくれなかった、そのトラウマがこの年になっても私にはまだ残っている。。。 なので、今回リクエストしてみた。

さて、あなたの今一番欲しいものは何ですか?

 
[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-12-07 16:34 | アメリカで生活する

また風邪を引く

「風邪引いちゃったよ~」とエントリー書いてからかなり。 12月に入ってからもう1週間! 風邪引いた!なんて言ってる場合じゃないよ、主婦は忙しいんだから! って思ってたけど、また昨日風邪でダウン。 Connieさんの念が少しは通じたか、今日には鼻詰まりも治り、だいぶ良くなったぞ。 ということで、寒々しい“冬”のスキンに模様替えしてみました。

そうこうするうちに、このエキサイトブログでもやっとこさ、トラックバックスパム対策が充実して来て、エロいのや、CM的なトラックバックスパムを一々削除しなくて済むようになったー! 一つ一つのURLを登録すんのって結構面倒だったんだよね。 私の場合、なぜか一つの記事に集中してスパムがついたから、その記事は全面トラックバック禁止にしたからまだましだったけど。 これで晴れて全部トラックバック解禁です。

ところで、なんで「スパム」って言うの? 私が持ってる辞書では「Spamを連呼するMonty Pythonの歌詞からか?」ってなってたけど、そもそもなんで「Spam」を連呼するわけ? わからん・・・

私にとって「スパム」と言えば、言わずと知れた「スパムむすび」の「スパム」。 こちらは"Spiced Ham"からだって。  久しぶりにスパムむすび作ろうかな~。 (やっぱり締めは食べ物ネタか・・・)


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-12-06 15:19 | アメリカで生活する

風邪引いた・・・

だってねー、すっごい寒いのよー、最近。 ここどこだっけ?って感じ。 昨日なんか気温が2℃ぐらいしかなくて、体感温度はマイナス7度だったって話。 それでも、さすがニューメキシコ。 お日様だけはさんさんと照っているので、外に出ないで、日の差す窓辺にいるとポカポカなんだけどね。

日曜日からくしゃみが止まらず。。。 熱が出るほどではなかったのですが、もう体がだるくて。 食欲もなかったからあんまり食べてなかったのもいけなかったようで、今日はやたらとお腹が空いてせっせと食べたら大分元気になった。 そしてまたこうやってブログる元気も出た。

多分、土曜日にTのクラスメートでもあり、私がアルバイトするお店のオーナーの息子さんでもあるFさんの結婚パーティがオーナー宅であって、パティオで食事だったんだよね。 それで寒い外に長い時間いたのがだめだったんだと思う。 でも、そこで超うまいタラバガニを頂く! 久しぶりのカニ~。 今まで食べたカニの中で一番というぐらいおいしかったよ。  

実はオーナーの旦那様の息子さんはアラスカからシーフードを全国に売っている。 産地直送カニ。 うまいはずだ。 そして、私は見つけてしまった。 誰からも見向きもされずテーブルの隅の方に追いやられている“イクラ”を! 一緒に行ったTに「イクラがあったよ~、イクラが~!!」と驚喜の声を私が上げていると、その息子さんがすかさずやって来て、「どう?おいしい? 僕が漬けたんだけど・・・」と聞いてくる。 とにかく私が「カニもおいしかったけど、このイクラもまいう~」と目を細めていると、余ったイクラは全部持って帰っていいと言ってくれた。 ラッキー! アラスカから持って来たはいいけど、当日集まったゲストにはイクラは受けなかったらしい。 嬉しがっている私にオーナーが「何か足らないものはない?」と聞いてくれたので、思わず「ごはんありますか?」って聞いてしまった私だった・・・

しかし、翌日からくしゃみと鼻水が止まらず、やむを得ずイクラは今お預け状態。 明日には炊きたてご飯にのせてイクラ丼だ! (最近やたらと食べ物の話題が多いな・・・)

   
[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-11-29 14:50 | アメリカで生活する

Thanksgiving -感謝祭-

11月の第四木曜日はアメリカでクリスマスに次ぐ盛大な祝日、Thanksgiving(サンクスギビング)、感謝祭だ。

サンクスギビングの発祥については諸説あるらしいのだが、もっともらしいのはイギリスからピルグリムファーザーズが1620年12月にアメリカに上陸して、最初の収穫を祝った翌年の1621年が最初とか言われている。 彼らが渡って来て、農作を始めた時にインディアン(原住アメリカ人)達から色々と教わり、収穫できたので、インディアン達と収穫物を分け合い、祝ったのだそうだ。 

なので、サンクスギビングディナーのテーブルには盛りだくさんのごちそうが並ぶ。 テーブルの真中にはデーンと七面鳥(ターキー)の丸焼きが。 付け合わせにはマッシュドポテトにグレービー(ターキーを焼いた時に出る肉汁で作るソース)、スタッフィング(ターキーの内臓を取り出した空洞に詰めて一緒に焼く。 パンと野菜、香辛料やハーブなどをまぜたものが一般的)、クランベリーソース(ゼリーのことも多い)、インゲン豆、スイートポテト(日本のサツマイモとはかなり違い、色がオレンジ色)などなど、そしてデザートはパンプキンパイやアップルパイなどパイが多い。

で、なんで七面鳥なの? だが、日本では馴染みのないこの鳥、アメリカにはすごくたくさんいるそうだ。 1621年当時でもたくさん野生の七面鳥を確保して鹿肉と共にサンクスギビングの食卓を飾ったらしい。 それ以来、伝統的にサンクスギビングと七面鳥は切っても切れないつながりがあるそうだ。 食べた感じは鶏肉がかなりパサついた感じ。 なので、クランベリーソースやグレービーなどをかけて食べるとちょうどいい感じになる。 サンクスギビング以外でも七面鳥は普通に食べられていて、ターキーハムもあるし、ターキー肉は脂肪分が少ない(つまりパサついている)ので、ダイエット派には人気。 ターキーのひき肉を使って和風の味付けをした肉そぼろをこの間作ってみたけど、脂っぽくなくしょうが醤油がしっかり染み込んでいけた。

今年の私達のサンクスギビングは、Tの指導教授のお宅へご招待頂き、Tの同級生達と過ごした。 この教授は日本に住んでいたことがあり、大の日本びいき。 息子さんは日本で働いている。 
c0039355_17305987.jpg
アメリカに住む日本人の家にさえそうそうない畳の部屋。 テーブルの下は掘りごたつになっているそうだ。

c0039355_1732944.jpg床の間まである。 この他にも内風呂、露天風呂あり!のお家。。。 
c0039355_17341324.jpgでもキッチンはとってもメキシコ風~。 窓がたくさんあってとっても明るい。 いいなー、こんな台所。


c0039355_1735335.jpgそして、メインディッシュのターキー!


c0039355_17363326.jpgもう一つのメイン、鮭の姿焼き(?)。 サンクスギビングディナーで鮭を頂くのは初めて。












日本でも地方、家庭の味ってのがあるように、このサンクスギビングディナーもそれぞれの味がある。 私はどっちかと言うと、ウィスコンシンよりここの味付けの方がおいしいと思う。 最近やっとこのサンクスギビングディナーにも慣れてきてやっとおいしいと思えるようになった。 適応したな~。

サンクスギビングを皮切りに、クリスマス、新年とアメリカは一気にホリディシーズンへ。 私も今年こそはちゃんとクリスマス前にカードが届くようにそろそろクリスマスカード取り掛かろう!


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-11-26 17:48 | アメリカで生活する

今一番やりたいこと

私が最近一番やりたいこと。 それは思い切り本を読むこと。

食事の時間や子供のトイレの時間とか、とにかく何も気にしないでずーっと本を読む。 途中途中でお腹が空いたら適当にあるものを食べ、時々トイレに行って、また本を読み続ける。 読んでて調べたいことが出てきたらインターネットで調べてみるとか。 

ふっと気付いたら、すっかり日が暮れてて電気をつけるのも忘れるぐらい没頭してた・・・なんてのが理想。 独身時代はたまにそういうこともできたなー。 当時の私のメインの読書タイムは電車の中。 たまに座れて本を読んでる間に降車駅で降り損ねたってこともあった。 しょっちゅうじゃないけど。 降車駅で降りれても、切りのいいところまでホームのベンチで読み続けたり。

あなたの今一番やりたいことは何ですか?


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-11-25 09:08 | アメリカで生活する