これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

うちのラップトップがやばい・・・

約2週間ほど前にインターネットの接続をダイアルアップからワイヤレスに変えたのだが、それ以来、夫Tのラップトップの調子がイマイチ。

ダイアルアップと違って、繋ぎっ放し状態のワイヤレス。 だからかどうか、どうも小物ウィルスにやられているみたい。 もちろんファイアーウォールを入れてはあるはずなのだが、そのへん私のラップトップではないので、どんなのを入れているかは不明。

それよりももう寿命かも。 第一DELLだし。 もう5年目に突入だし。 というかラップトップの寿命ってどれぐらいなんだろう。 今私がこれを書いているのはただでもらったデスクトップ。 音がうるさいのが一番いやだ。 もう多分7、8年ものだと思うが、処理速度は遅い(まじで遅い)けど一応使える。 デスクトップの方がやっぱり長持ちするのかな?

やっぱり新しいPC購入を考えた方がいい頃かも知れない。 MSのVistaが出るまでは今ので頑張ってもらおう。 でも、Vistaが出たら出たで、色々と脆弱な部分とかが出て来てXPの方が良かったなんてことにならないだろうか・・・などとまだ買う決心をしたわけでもないのに、色々考えたりする。 それともいっそマックか。 でもマックは使ったことがない・・・その前に先立つものをどうする? まさにブログタイトルにぴったしの今日この頃。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-28 15:20

こんな物、まじで売れるの~?

インターネットで日本のニュースを読んでいたら、たまたま出てきたこんな記事。

パスタなのか、ケーブルなのか--USBケーブル「ケーブルgaナポリタン」発売

笑った・・・ 久しぶりに不思議な国、ニッポンを象徴するような度肝を抜かれる商品。 シュールだぁ~。 USBメモリースティックも色んなデザインがあって、御当地シリーズとして横浜のシューマイ、大阪のたこ焼、博多のめんたいこがあるらしい。 Tはたこ焼のメモリースティックが欲しい!と言っていた。 私は差し込むとぼんやり光るアヒルちゃんがいいかなー。

これをアメリカでやるとすると、さしずめハンバーガーとかホットドッグ、ニューメキシコ御当地版としてはタコスとかブリトーか? NFLシリーズで出しても面白いかも。 グリーンベイパッカーズならチーズヘッドとか。

それにしてもこの高いUSBケーブル、ラップトップと一緒には持ち歩けないよね。 いや、持ち歩いて見せびらかしてほしいかも・・・


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-27 15:03 | 不思議な国、ニッポン

要らない物を買うのはイギリス人女性だけではないという事実

このブログにもよく遊びに来てくれてコメントもくれるSatokoちゃん。 彼女のブログでおもしろニュース発見! 「英女性の4割は要らない物を買う」がそれ。

いや~、これはイギリス人女性だけじゃないっしょ。 最近は物欲もかなり鳴りをひそめ、「消費は美徳~!」なんて思っていたのも30代前半までとは言え、やっぱり好きなものは好き。 欲しいものは買える、買えない、または必要、不必要は別として欲しい、ではありませんか~?

リサイクルショップにも、「そんなに買ってどーすんの???」というお客さんが時々来る。 毎週お買い物に来る人、一度にたくさん買って行く人、様々だけど、極端な人は、新生児服を一度に$100ほど買って行く。 私がアルバイトしているお店はリサイクルショップとは言え、きれいなものだけを持ち込んだ人から買うようにしているので、状態は結構いい。 でもベビー服は平均$1.99。 中にはもうちょっとするものもあるけど、新生児服はだいたいこの辺。 それを$100ほど。 「全部着終らないうちに育っちゃうんじゃないのかな・・・」なんておせっかいなことを考えたりする。

婦人服やマタニティーの方もそういうことがある。 なかにはジーンズを10本ほどいっぺんに、とかね。 私自身はジーンズにはこだわりが得にないので、3本しか(?)持ってなくても、ジーンズ有り過ぎー、って自分で思うぐらいなのに。

なんて言ってる私も実は靴には弱い。 ただ、一度に大量買いすることはまずない。 気に入った靴をかなーーーり長く、丁寧に磨いたり、修理を重ねながら履くタイプなので、靴が溜まる。 で、数が増えて行くと一足あたりの履く回数も少なくなるから、更に持ちがよくなり、また溜まって行く。 結婚式やクリスマスパーティとかのたびに、服に合わせて靴を買うので、これまた普段は履かないフォーマルシューズが溜まる。 という具合で、独身時代、東京の6畳ワンルームの部屋は靴箱にかなりの部分を占領されていた。 ピーク時で約200足近く。。。 そんな私をTは“ミニイメルダ”と呼ぶ。

アメリカに来ることになってかなり処分したが、それでも、フォーマルシューズはおろか、パンプス、ハイヒールなぞ履く機会もない今でさえ、50足はあると思う。 中には大学の研修旅行でフランスに行った時に買った靴もまだある。。。 これが一番古い靴だと思う。 でも実は数えるほどしか履いていないので、万全のコンディションだ。

最近はずっと我慢していた靴だが、ナイキが古くなったので、トレーニングシューズをごく最近スケッチャーズで買ってみた。 初めてスケッチャーズを履いたけど、なかなか良い! そんでもって、セールだったので、ついつい(これがいけない)もう1足買ってしまった。 でも、これは正しい判断だった。 見た目もかわいいし、履き心地も快適・・・と自己正当化に励む。

アメリカでは思うように私に合うサイズの靴が見つからないのはもしかするといいことかも知れない。 その反動で、日本に帰る度にシューズショッピングに走ってしまう私ではあるけれど。 あ~、また銀座に行って思う存分靴を見たいな~~~

TRACK BACK: 私はイギリス人のようです。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-23 15:50 | アメリカで生活する

アメリカで行ったことがある州

mikan0530さんからのTBでちょっとおもしろいサイトを紹介してもらった。

World 66/Travel Guide You Writeがそれ。 うちはなかなかしょっちゅうは旅行には行けないけど、夫のTも私も机上旅行はよくする。 大体は格安旅行のヒントなんかを探すわけなんだけど、今日なんか、Tはインターネットで大阪-東京間の夜行バスが4、000円切った、というのを見つけてた。 今は日本にいないってことわかってないのかしら、、、暑させいで、、、なんて思っちゃった。 こんなの見つけても全然役に立たないじゃん! もっとましなことに時間使ってよ、、、とまた小言ババァみたいになるのを押さえる。

ところで、このサイト、自分が行ったアメリカの州やら、国やらの地図を作ることができる。 これが私が行ったことのある州の地図。 15州で全体の29%。

create your own personalized map of the USA

ここにいる間にぜひFour Corners(アメリカで唯一4つの州、アリゾナ、コロラド、ニューメキシコ、ユタが接するところ)に行ってみたいと思っているので、そのうちこの地図のユタの部分が赤くなるかな?

そして、訪れたことがある国。 11ヶ国で4%。 たったの4%だよ~。 世界はまだまだ広い!

create your own visited country map

逆トラックバック:行った事がある州 15州29%


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-22 18:46 | アメリカで生活する

やった!

かれこれもう約2ヶ月半程前、グランドキャニオンに行く前に応募していたTech CollegeのESLチューターのアルバイト。 6月中旬頃面接があって、なかなかいい感触だったのに、その後全く連絡がなかった。

今日リサイクルショップのアルバイトが終わって帰宅すると、夫のTが「もし、あれだったら、外食してもいいよ。」と私が部屋に入るなり言うので、「(変だな・・・)外食は好きだけど、今晩はNさんの英語チューターだから、外食はちょっと無理だな~。 なんで?」と聞くと、テーブルの上を指差す。 そこにはそのTech Collegeからの手紙があった。

ちょうど同じ時期にGED*チューターにも応募していて、そっちの方は「残念ながら・・・」の返事が手紙で先月来ていたから、今度もまた同じ結果か~、なんて思いながら、封を切って手紙を見ると、そこには "Congratulations!(おめでとう!)" という言葉が!

8月下旬から始まる新学期からラーニングセンター(自習室みたいなもの)でチューターの仕事をすることになった。 この仕事は自分の都合がいい時間を登録しておくのだが、オンコール(必要がある時だけ呼ばれる)の場合もある。 手紙には "Regular part-time tutor" という一見矛盾するような仕事名が書かれていたのだけど、つまりこれは仕事が回って来る優先度が高いということらしい。 まずはレギュラーのチューターへ依頼が行き、都合が悪い人が出ると次の登録チューターへと回って行くようだ。 ちょうどこの時期は夫の学校も始まるので、リサイクルショップの仕事も今のようにはできないなー、と思っていたからちょうど良かった! 給料はほんと大したことないのだけれど、やってみたかった仕事なので、単純に嬉しい。

それにしても、募集記事を見てから、約3ヶ月近く経ってる。 面接をしてくれたラーニングセンターのディレクターはヒスパニック系男性で、とってもリラックスした雰囲気の人だった。 彼もインタビューが終わってから、「ここの職場はカジュアルだし、hasta manana (アスタ マニャーナ、1番目のnの上には~が付く)なとこだから~」と確かに言ってはいたが、「アスタ マニャーナ(また明日)」どころか、えらい時間かかってるよー! これも一種のカルチャーショックみたいなもんね。 せっかくニューメキシコにいるんだから、「今日できなかったら、また明日でいいじゃん」というラティーノ的哲学で行くのも悪くないよね。 ちょっと楽しみが増えた! そして、元気が出た。

*GED:General Educational Development の頭文字。 高校を出ていない人が高卒と同等とみなされるための教育システム。 このGEDの学力検定試験を受けて合格すると別のGED(General Equivalency Diploma)が授与され、高卒と同等とみなされることになる。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-20 16:26 | アメリカで働く

ストレス解消法 その2 Ben & Jerry’s

私はストレスが溜まるとヤケ食いするより、食欲がなくなるタイプなので、ストレス解消に食べるってことはほとんどないのだが、これだけは別。 アイスクリーム!

日本にいる時はアイスクリームをしょっちゅう食べるということはめったになかった。 仕事帰りにいつも立ち寄るコンビニで新しいハーゲンダッツのフレーバーを見つけたり、日本のオリジナルブランド、AYAを食べたりすることが時々あったぐらい。

ところがどうだ、アメリカ人はなんてたってアイスクリームが大好きだ。 映画なんかを見ていても失恋した主人公が女友達に電話しながら、アイスクリームの大きな入れ物から直接食べるシーンがあったりする。 まぁ、家にある冷蔵庫の大きさからして違うから、あんなでかい入れ物が入る冷凍庫があったりするのも一つの要因かも知れない。 そして、アメリカのアイスクリームは注意深く選べば、日本の物よりもずーっとおいしい。 中には合成着色料、甘味料なんかがどっさりと使われているものもあるが、そういうのは私の場合、お呼びでない。

ウィスコンシン州のグリーンベイにいた時、ピザ、牛乳、アイスクリーム、サブサンドイッチを提供するHansen’sというお店があった。 ここのアイスクリームは中には若干合成着色料を使っているものもあったが、バニラなんざ、とにかくメチャうまーい! そうして私はここのアイスクリームにはまってしまったのだった。 (ちなみにこのHansen’sはウィスコンシンでもグリーンベイ近辺にしかお店がないようです。 グリーンベイに訪れた時には立ち寄ってみてはいかがでしょうか・・・店からは何ももらってないよ~)

そして、次にはまったのはスーパーでそのネーミングに惹かれて買ってみたBen & Jerry’s のChunky Monkey (チャンキーモンキー)アイスクリーム。 このフレーバーは私がよく読むパトリシア・コーンウェルの作品にも時々登場する。 バナナアイスにチョコチャンクとクルミが混ざったまさに絶品! これで一気に私はベンジェリの虜になってしまったのだ。 このブランドは日本ではDomino’s Pizzaが輸入販売していたみたいなのだが、いつのまにか姿を消した・・・ 日本にいた間、ピザは食べないけど、このアイスクリームを求めてDomino’sに行ってたのに・・・

このブランドはネーミングの面白さだけならず、原材料、環境問題にも気を配っている社会派アイス。 オーガ二ック食品だけを扱うWild Oatsというスーパーにも並んでるぐらい。 ビジネスウーマンはベンジェリを好む、ってどっかで昔読んだな、そう言えば。 音楽とも関係が深くて、Grateful Deadと言うロックバンドのギタリスト、Jerry Garciaへの敬意を表した、Cherry Garcia というフレーバーも大好き。 もともとさくらんぼが大好きなので、これははずせない一品。 そして、私も好きなDave Matthews Band の名を冠した、Dave Matthews Band Magic Brownies なんて言うのもある。

チョコレートには幸せを感じさせるような一種麻薬のような成分が含まれているらしい。 アイスクリームにもそういう成分があるのか、食べると本当に幸せな気分にしてくれて、元気を取り戻せるような気がする(単純?)。 いくらストレス解消と言ってもバカ食いは禁物。 自分に合う量を食べることでストレスも解消できるのだ。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-19 16:58 | アメリカで食べる

ストレス解消法 その1

ったく、反りが合わない人って言うのはどこの国の人であれ、あるもんだ。 今アルバイトをしているリサイクルショップにも一人いる。 なーんて言うのか、やることが全て中途半端。 途中でやってることを投げ出してどっかへ行っちゃうか他のことを始める。 で、その途中でほっぽりだした仕事を他の人に指示して終わらさせる。 別にマネージャーでもなんでもないのに、やたらと他の人に指示を出す彼女。 私にもえらそーにしょっちゅう言って来る。 そのほとんどを私は無視してるけど。

そんな彼女が一生懸命やってるのは電話でのおしゃべり。 前にも書いたけど、携帯でおしゃべりしながら仕事をやってる人は多い。 しかし、皆自分の携帯を使っている。 でもこの彼女、携帯を持っていないから、店の電話を私用電話にガンガン使っているのだ~。 でも、もちろん、オーナーがいる時にはそんなことはしない。 オーナーが席をはずしたりすると、すぐに始める。 この人がいなければ、毎日感じるストレスもかなり低くなるはず・・・なんてこと思ってもしょうがない、そんなことにいちいち目くじら立てる価値も実はないって思ってはいるんだけど、どうしても非常にストレス~!

そこで、本当はスウェディッシュマッサージにでも行きたいところだが、今日は朝風呂に入ってストレスがたまるとよくやるストレス解消法をやった。 他の人には「なんやそれ!?」って感じかも知れないけど。

それは・・・足用のファイル(やすり)でかかとや親指の付け根の横、小指の横、足の裏なんかをこするのであ~る。 夏は得にサンダルを履いたり、素足になることが多いので、どうしても足の皮膚が固くなりやすい。 そこで、2ヶ月に1回ぐらいはこの“足皮膚こすり”をやるのだけど、それがなかなかのストレス解消になる。 こすった後は足の皮膚もすっきりすべすべ。 もちろん、仕上げにローションもしっかりぬらないとね。

この足用ファイルは日本の百均ショップで購入したものだけど、全く同じものがSally Hansen(アメリカの化粧品会社。 主にネイル用化粧品で有名)から$2.57ぐらいでウォルマート(売上世界第一位の大型小売店。 日本では西友との提携関係を年内にも子会社化する方針とか)で売ってたぞ。 よく見るとMade in Korea。 やっぱり輸入時の運賃の差か? (日本の方が距離的に近いという単純な見解)

アメリカに戻って来る直前まで実は下手の横好きでずっとクラシックバレエをやっていて、トゥシューズのおかげで一時は小指の爪なんか消え失せていたり、足指のあたりは人様には見せられないような状況だったのだけれど、この足用ファイルで足もだいぶましになった。 これがなにを意味するか、身に染みてわかる方には足用ファイル、お薦めよ!

これをやった後、週一の恒例、ボディスクラブで全身を洗い、すっきり~! でも、どうもストレス度合いが高かったのか、力が入りすぎて、小指の横がちょっとヒリヒリ。 足用ファイルのご使用時はこすり過ぎにご注意!


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-18 15:50 | アメリカで働く

細切れの時間をどう有効活用するか

今日のこのタイトルは私の永遠のテーマみたいなものだ。 大学時代はどっちかと言うと、スキーとバイトの狭間にできた細切れの時間に勉強してたみたいなもんだった。

就職してからは通勤電車の時間や営業に出てアポとアポの間のちょっとした時間なんかに本・雑誌を読んだり、英語の勉強をしたりしていた。 アポの時間通りに行っても待たされることはよくあるので、必ず本に限らず何か読むものを携帯していた。 もちろん、電車に乗って座れた時は睡眠の補給。 埼京線に新宿から乗って大宮まで行く時はしょっちゅう乗り過してしまった。 一度だけ、大宮止まりの電車に乗った時、乗客のおじさんに「終点だよッ!」って起こされたことさえある。 うら若き乙女は恥じ入ったものだ・・・

息子が生まれて、優秀とは言えない専業主婦になってからは細切れの時間は、とにかく休む、寝るの二つになった。 特に生後間もない頃はいわゆる24/7(24時間営業、年中無休)だから少しでも時間ができたら横になっていたかった。

その息子も2才半となり、24/7を要求されることもなくなった最近、またアルバイトとは言え、仕事を週5日始めると落第専業主婦の時には区切りがなかった24時間に一定のリズムが誕生し、それに伴って「細切れの時間」も現れた。 学校が夏休みの今、夫もアルバイトがない時は家にいるので、家事・育児をかなりの部分やってくれているから、さらに時間を見つけ易くなったように感じる。 とりあえずその時間を使って今はしばらくできていなかった読書をしている。 読書たって、軽いものばかりだから、大したことではないのだけど、本を読んでいると、「本を読める時間って贅沢だなー」って思える。 おかげでアルバイトを始めてからの方がスピードを上げて読めてさえいる。

娯楽としての読書をある程度楽しんで少し満足したら、今度はGREやTOEFLの勉強、大学院のリサーチを本気で始めないと・・・とは思っているものの、今読んでいるものを含め、あと3冊読みたい! 夫の学校が始まる8月中旬までには読んでしまいたいと思っている。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-11 17:03 | アメリカで働く

疲れたよ、まじで。

これはこの間書こうと思ってたことじゃないんだけど。

リサイクルショップの金、土曜日は、半端じゃなく忙しい。 昨日はトイレに行くのも忘れるぐらいだった。 で、閉店時間が近づいて空いて来たので、ようやくトイレに行こうかな~、って思っていたら、もう一人のバイトさんがいつもより早く帰ってしまった。 というわけで、閉店時間までの30分、私一人だったので、お客さんがいる間はトイレにも行けなかった。 加えて、最後のお客さんは閉店時間を20分過ぎた頃にようやく会計を済ませ、帰っていった。 つまり、トイレに行こうかな~、って思ってから早約一時間が経とうとしていたわけ。 昨日のシフトは1時から6時半だったので、結局約6時間もトイレに行けなかった・・・ 体に悪い。

そして今日、土曜日は一週間のうちで一番忙しい日。 今日は昨日よりバイトさんが沢山入っていたので、休憩もトイレにも行けたからよかったけど、お客さんの持ち込みがすごい量だったので、それをさばく(査定する)のがしんどかったー。

私はもともとなんでも生真面目に根をつめてやってしまうタイプなので、自分で自分を疲れさせているようなところがあるのは事実。 他のバイトさんみたいに、「今日できなかったら、明日やればいいじゃーん」てのがなかなかできない。 お客さんがいるのに、平気で待たせるなんてこともできない。 結果、一つ終わったら、すぐに次の取り掛かってしまう。 そして、疲れちゃう。

そのバイトさんのほとんどは仕事中でもしょっちゅう携帯でしゃべりながら仕事をやっている。 私にはそれがどうしてもできない。 まぁ、第一に携帯を持っていないから、やりたくてもできないんだけど、持っていたとしても電話でおしゃべりしながら、ぐだぐだと仕事するのがどうしても性に合わない。 日本でも携帯の請求額はかなり低かったし。 あと、ちょっと主題からはずれるけど、私の脳は中性らしいので、女性脳に特有の「しゃべりながら他のことができる」というのが、脳的にも少し苦手って言うのもあるかも知れない。

こんなだから、今日はまじで家に帰って来たら、“バタンキュ~”って感じだった。 暑いのもあると思う。 日差しがね、これも半端じゃない。 車のハンドル(うちのは色が黒)が熱くて握れないぐらいだもんね。 明日日曜はバイトは休み。 でも普段できない家事が待っている~。

月曜からはほかのバイトさんを見習って(?)少しはのんびりと仕事に取り組もう、というか、そういうこともそろそろ学ぶ頃なのかしら、なんて思う。 この仕事は今までにやっていた仕事みたいに限られた時間内にどれだけの結果を出せるか、なんて仕事じゃないんだし! と自分に言い聞かせてみた。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-10 16:32 | アメリカで働く

よくやってしまうこと・・・

ガ~ン、今日の記事を書き終えて最後の仕上げで、リンクとか貼っ付ける段階で、間違えて記事を消しちまったぁぁぁ・・・ 時々やっちゃうんだよね。 ブログの投稿画面でもWordみたいに保存機能があればいいのに。

長い記事を書いた時はとりあえずWordに落として保存するんだけど、今日のはしてなかった。 く、くやしい。 もうあの通りには書けないぞぉ。

とりあえず、気を取り直して、明日思い出しながら、もう一回書いてみます。 でももう今日はがっくり来てその気も起こらん・・・ 眠気を押して書いていたのだけど、これでえらく目がさえてしまった。 どうしてくれるぅ~! (と自分に怒ってみたりする。)


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-07-08 17:22