これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Santa Fe 紀行

すっかり更新ができずになんと、もう10月も終わる・・・ どこもかしこもハロウィーンだ。 取り急ぎ、10月が終わってしまう前に、母がいた間に行ったサンタフェのことは書いておこうと思う。

アルバカーキからサンタフェに行くのには大きく分けて二通りある。 一つはフリーウェイのI-25を北へ約一時間余りで行く方法。 そしてもう一つはサンディア山をぐるっとまわって行く、Turquoise Trail (ターコイズトレイル)がある。 このトレイルの近辺はその昔鉱山があり、銀やトルコ石(ターコイズ)などがたくさん採れたらしい。 今はもうどこも廃鉱になり、町はゴーストタウン化していたのだが、マドリッドという町を中心に芸術家達が集まり出し、今はちょっとした観光地として復興している。 今回はサンタフェで時間を取りたかったので、残念ながらこのターコイズトレイルは使わなかったのだが、いかにも映画に登場しそうなWild Westな雰囲気が味わえるので、時間がある時には趣も変わってお薦め。

サンタフェで何が一番厄介かと言うと、とにかく車を停める場所を見つけること。 この日もぐるぐると町を回ってやっとなんとか公営駐車場に停める。 運良く、母最大の目的地、Georgia O'Keeffe Museumに近いところだった。 
c0039355_1752958.jpg
この美術館はとてもこじんまりとしていて、ギャラリーも4部屋ほどしかないのだが、よく展示内容が変わるので、ジョージア・オキーフファンならしょっちゅう訪ねてみたいところだと思う。 私達が行った時はアンディ・ウォーホルの作品も並べられていたので、私が前回見た時より内容が濃かったような気がする。  母いわく、今まで見たオキーフのどの展覧会や展示よりも作品数が多くて、大満足だったとのこと。 良かった~。 実は私はオキーフが生まれたウィスコンシン州と亡くなったニューメキシコ州両方に住んでいる(た)ので、母は両方の州でオキーフの作品を見たことになるが、ウィスコンシンのミルウォーキー美術館のオキーフ室はそれほどの作品数はなかったらしい。 ところで、この美術館は学割、シニア割引をはじめ、ニューメキシコ州民割引もある。

美術を堪能した後で、その隣にあるO'Keeffe Caféでランチをする。 
c0039355_18111539.jpg
サンタフェはどこもレストランは高いのだけど、ランチは割とお得。 でも、写真に撮るのを忘れた。 子連れだと、どうしてもそっちに注意が常に行ってしまって写真のことはしょっちゅう忘れてしまう・・・ 料理は目新しい感じはしなかったけど、ちょっとフレンチとニューメキシカンが混ざったような感じの料理だった。 つまり、見た目はフレンチ風にしゃれた感じ、味は少しピリッと唐辛子が利いていた。 

お腹がいっぱいになったところで、本格的な市内観光に出発。 外からだけ見たところも含めて写真をアップすると、、、
c0039355_18203566.jpg
これはMuseum of Fine Arts。 多分、サンタフェで一番大きな美術館。
c0039355_18215291.jpg
 Palace of the Governors の前廊下にはネイティブアメリカンの人達が床に作品を並べて売っている。 こんな風に見るとなんとなく安っぽく見えてしまうのだが、実は実は中にはどえらく高い($4,000とか・・・)トルコ石のネックレスがぞんざいに置かれていたりする。 
c0039355_18294262.jpg
 St. Francis Cathedral (聖フランシス大聖堂) 
c0039355_1832414.jpg
大聖堂の中。 ステンドグラスから差し込む光が実際にはもっときれいだった。 質素な教会が多いサンタフェで、一番派手な感じ。 ここは入場料なし(寄付は歓迎とか)。 
c0039355_18342754.jpg
Loretto Chapel。 入場料$2。 このチャペルの中には鉄釘を一本も使っていないという伝説の階段があり、それを見にたくさんの人がやって来る。 写真を撮ったのだけれど、すごく暗くなってしまい、アップは断念。 (去年行った時に撮ってあるので、ディスクが見つかったら、後でそれをアップできるかも。) 
c0039355_18392917.jpg
アメリカでも最古と言われる教会の一つ、San Miguel Mission。 ここで腹が立つことが起こった。 中に入ろうとKをベビーカーから下ろしたり、入場料を出す用意をしていたら、目の前でドアに鍵を掛けられた! 5時で閉まるので、急いで行って、5時15分前だったのに~!! 中にいた人は私達がいたのを知っていたのに、さっさと鍵を掛けるなんてひどい。 教会で働いている人達なのに、なんて罰当たりな! とドア越しに抗議をした私だったが、開けてくれなかった。 その後、サンタフェ観光局宛にクレームのメールはもちろん出したが、なんとも言って来ない。 全く、アメリカ人なんてこんなもんさ~。 このSan Miguel Mission の隣にはThe Oldest Houseと呼ばれる古いアドービの建物もある。 
c0039355_18512380.jpg
やっぱりこれを載せなきゃね。 こうやって色んなところで屋台みたいなのにいっぱいチリをぶら下げて売っている。 

サンタフェ観光にさらに興味がある方は観光局のHPをどうぞ。 (ここで資料請求もできる。)

帰りはニューメキシコではサンタフェにしかないTrader Joe'sで買い物をして帰途に着く。 あっと言う間に時間が経ってしまい、またバルーンフィエスタ中だったので、人もいつもより多くて、なんだか私は落ち着かなかったけど、母は日本では見られないものがたくさん見られて良かった、と言ってくれた。 もう少しゆっくりできたら、いつも見るいわゆる「観光地」じゃないサンタフェも見てみたいな~、と思う私だった。

[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-31 19:13 | アルバカーキとその周辺

90セント+タックスのシルクスーツ

このエントリーを書くんだったら、“Before”、“After”的写真を撮っておくんだった!と今さら思っているのだけど・・・

この間アルバイト先のお店で見つけたなかなかシックなシルクのブラウススーツ。 こげ茶地にうす茶、モスグリーン、ベージュの草花柄。 値札をつける前にちょっと試着してみることにした。 サイズの表示は12 (日本で言えば15号ぐらいに相当?)。 でもどう見たってサイズ12には見えないよなー、などと思いながら着てみて気が付いた。
縮んでる・・・
それもかなりの縮み具合。 最初デザインだと思っていた、ブラウスとスカートのシルク地からのぞいているこげ茶のジョーゼット地は裏地だったのだー! スカートなぞ、裏地が15センチぐらいのぞいている。。。 ドライクリーニングオンリーと洗濯表示が付いているのに、きっとアメリカ人のことだ、他のものと一緒に洗濯機でガラガラ洗って、乾燥機でブワーっと乾かしてしまったに違いない。 なんでこんなものをバイヤーは買い取ってしまったのだろう。 でも忙しい時にはあまり細かいところまで見ている余裕はないので、パッと見で買ってしまったのかも知れない。

試着室から出て、私の発見をその時働いていたもう一人の人に告げると、「あらー、私もデザインかと思ったわよー。 じゃ、しょうがないわね、ダラーラックにかけとこうかしらね。」という返答。 お店には買い取りしてから欠陥(ボタンが足りないとか穴が見えにくいところに空いていたとか・・・)が見つかった時はとりあえずそれを$1に値段を下げ、「現品」(返品できない)としてまとめたラックがあり、これを「ダラーラック」と呼んでいるのだ。 そこで私のアンテナがピピッと来た。
「従業員割引は10%だから、このスーツ、90セント+タックスってことじゃん! たぶんスチーマーを使えばこの縮みもなんとかなるかも・・・」
ということで、このスーツ、90セント+タックスでお買い上げ!

今日やっと時間が取れて、ハンドスチーマーでガンガン蒸気をあて、布地を引っ張ってみた。 あぁ、スチーマー様様! 完璧とは言えずとも、裏地が隠れるぐらいまでに上下とも伸びてくれた。 さて、シルク地が伸びたのはいいのだけど、今度はサイズが問題。 まるでマタニティーみたいになってしまった。 脇を縫い直すのが補正としては一番簡単なのだけど、それも面倒くさい。 そこで、ブラウスの内側に付いていたこげ茶のリボンを利用することに。 えりぐりが大きく開いたブラウスなどはハンガーに掛けた時、ハンガーからずれて落ちやすい。 そこで、ハンガーの首部分に引っ掛けて落ちないようにするための輪になったリボンが肩部分内側によく付いている。 このリボンを切り取り、ウエストあたり両側に縫い付け、着てから後ろなり前なりで結ぶようにしてみた。 あんまり見栄えはぱっとはしないが、マタニティー状態からは脱出。

明日、Tの学部主催のパーティがあり、ドレスコードは"The Color of Autumn"。 このブラウススーツが色的にはぴったし! というわけで、90セント+タックスのシルクスーツで明日はセミフォーマルなパーティに出席して参ります。

   
[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-22 16:34 | アメリカで生活する

訪問者数がのべ一万人を越えました!

旅行に行っていた間に、訪問者数が1万人を越えていました! 有難うございます!! 来て下さった皆さんに感謝です。 また、コメントも残して下さるレギュラーの皆様、お初の皆様、いつも嬉しく読んでいます。 本当に、本当に有難うございます! 

実は、カールズバッドを後にしてアルバカーキに向かった先週土曜日の朝から胃腸がおかしくなり(多分前の晩に食べたものがイマイチだった・・・)、チェックアウトぎりぎりの時間までベッドで寝て、車中はもちろんのこと、家に着いて即横になったのですが、日曜も一日中横になっていました。 まぁ、人間よくあれだけ眠れるもんだと自分でも驚くぐらい寝てました。 月曜から起き出したのですが、全然食欲もなく、やっと昨日ぐらいからまともな食事ができるようになって来つつあるところです。 旅の疲れってやつでしょうか・・・(たったの4日間なのに。。。) 胃腸は丈夫な方だと思ってたんですけどねー。

母の日本への一人旅も少し心配してましたが、無事日本へ帰国し、ほっとするのもつかの間、旅行から帰って来た時のお決まり、山のような洗濯やら、家事やら、日常にまた引き戻されています。

というわけで、オールドタウンのところから更新が滞ったままになっておりますが、もう少しお待ちを~。



[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-20 16:09

Cloudcroft - クラウドクロフト <小旅行の途中報告>

Cloudcroftというところに来ています。

昨日はホワイトサンズに行き、世界で初めて原爆実験があったアラモゴードという町に泊まり、本当は今日カールズバッドという鍾乳洞で有名な町に泊まる予定だったのですが、この小さな村をもう少しゆっくり見たかったのと、たまたま寄ったお土産物屋さんの上がかわいいホテルになっていたので、予定変更! こういうところが車で移動する旅の臨機応変でいいところ。

時間があったので、それほど期待せずに立ち寄ったこのクラウドクラフト、発見でした~。  標高約9000フィート(約2700メートル)という山の村。 空気が良くて気持ちがいい! でもえらい寒い・・・ ほんとに小さい村なのですが、なんか「また来たい!」って思わせる雰囲気を持ってる所。 基本的に私は昔から海より山の方が相性はいいんですよね。 スキーやってたのもそのせいかも。

写真もいっぱい撮ったのですが、PCにダウンロードするためのケーブルを持って来なかったので、また後日。

たくさん書きたいことがあるので、一つずつですがアップして行こうと思います~。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-14 14:33 | アルバカーキとその周辺

天候不順で計画も・・・

先週の木曜あたりからなんか天気が悪い。  嵐のような強風と共に雨が降ったり、晴れたかと思ったらまた雨になったり。 そんでもって、結構寒い。 最高気温も14℃ぐらいまでしか上がらない。 今夜の予想最低気温は2℃。 ニューメキシコの北、コロラドはえらい雪だそうだ。

そんなわけで、せっかく日本から来ているのだから、母を色んなところへ連れて行こうと計画していたのだが、一年の内300日以上晴れているニューメキシコがこーんなに天気が悪くて寒いというのはちょっと想定外だった。 テントロックスにもまだ行けてないし、世界一長いロープウェイと言われているサンディアピークトラムウェイにも乗っていないし。。。  なんと言っても一番残念だったことは今朝予定していた気球がキャンセルになったこと。 確かに昨日から雨だったしねー、天気のことだから、怒ってもしょうがないんだけど、やっぱり乗りたかったんだよね、気球・・・ 

本当は夕焼けの美しいアルバカーキ、ニューメキシコをトラムウェイで登って見せたかったんだけど、とりあえず明日日中にトラムウェイは行ってみるつもり。 そして水曜日からはホワイトサンズ国定公園、カールズバッド(鍾乳洞で有名)へ向けて出発。 天気も水曜ぐらいからはなんとか持ち直しそうなので、気持ちよくドライブできるかな~。 楽しみ、楽しみ。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-11 14:54 | アルバカーキとその周辺

Old Town

アルバカーキ市内で一番有名な観光地と言えばダウンタウンの西にあるOld Town。 アルバカーキ市発祥の地である。 1706年に当時の知事が今のオールドタウンあたりを“Villa San Francisco de Alburquerque”  (「アルバカーキの聖フランシスコ町」という感じかな?)と名づけたのが、アルバカーキの始まりと言われている。 というわけで、来年2006年はアルバカーキ誕生300年にあたり、市はもう今から300年記念行事を色々行っているらしい。 「らしい」と言うのは私自身、誕生300周年の旗とかポスターとかは見るのだけど、いわゆる行事らしい行事に行き当たったことがまだないからなんだなー。 ま、ウェッブサイトも見つけたことだし、イベントスケジュールをもちっとチェックしておくようにしよう。

今日はそのOld Townにバスで行ってみた。 普段は車で行動するのだが、このOld Town界隈は非常に駐車場の空きスペースを見つけるのが難しい。 Kはとにかくバスや電車などの乗り物が大好きなので、それもあってバスで行くことにしてみた。 アルバカーキでバスに乗るのは初めて。 市交通局ではメールや電話で自分の目的地にどのバスを使えばいいかを教えてくれるサービスがあるので、それを使って前もってルートを教えてもらっておいた。 サイトでバスの時刻表も印刷して準備万端。 アメリカでバスに乗るってなんか緊張するんだよねー。 

ごく普通のバスでダウンタウンに行き、そこからオールドタウン行きのバスに乗り換える。 と思ったら、こーんなかわいいトローリーだった!
c0039355_1533506.jpg
 
オールドタウンに着いたら、やっぱりね。 かなりの人出。 バルーンフィエスタついでにオールドタウンもきっと観光ルートに入ってるんだろうなー。 車で来なくてまじ良かった。

お昼時に着いたので、とりあえず昼食をまず取ることに。 前から行ってみたかったChurch Street Cafeに行ってみた。 
c0039355_15543377.jpg

ここは普通のサンドイッチもあるのだけれど、やっぱりなんと言ってもお勧めはニューメキシコ料理だそう。 私はメキシカンがすごく好きなのだけど、中でもタマリス(とうもろこし粉に出汁や肉、ソースなどをまぜたものをとうもろこしの皮に包んで蒸す。 蒸し上がってからのアレンジはレストランによって様々)が一番好きなので、タマリスを注文。
c0039355_16858.jpg

お腹がとても空いていたので、食べ始めてから写真を撮ってないことに気づいたので、ちょっと見た目がきれいじゃなくてすみません。。。 手前のがそのタマリス。 タマリスの上にチーズ(多分コルビーとモントレージャックを混ぜたもの)が乗り、その上にニューメキシカンキュイジーヌ(?)では欠かせないグリーンチリシチュー(赤く熟す前の緑の唐辛子と牛ひき肉をシチューにしたもの)が乗っており、そして、メキシカン定番の細切りレタスとトマトのさいの目切りがパラパラっと。 サイドには金時豆の煮たもの(フリホーレスと呼ばれる)とスパニッシュライス。 正直に言います。 めっちゃおいしかったです! 今まで食べたタマリスの中でも一、二を争うぐらい。 ついでに書くと左側(グラスの向こう)は母が頼んだソフトトルティーヤのタコス、右側はK用のキッズミール(グリルドチーズサンドとフレンチフライ)、そして奥にプクっとふくらんだのはアルバカーキが発祥といわれているソパイピーヤという素朴な揚げパン。 蜂蜜をつけてデザート風に食べるのが一般的だけど、色々とアレンジも可。 このソパイピーヤとチップ&サルサは注文品以外について来た。 サルサはけっこう辛め。 でもフレッシュでいけた。

このカフェがあるのは実はアルバカーキ最古の教会の裏。 お腹もいっぱいになったところで、この最古の教会、San Felipe de Neri Churchに行く。
c0039355_162587.jpg
 ニューメキシコの昔からあると言われているアドビー建築の教会はどこも非常に質素。 このSan Felipe de Neri教会もその一つ。 豪華さはないけれど、中に入るとひんやりした空気と共になんとなく厳かな気持ちになる。

オールドタウンと言えば、とにかくショッピング。 もう、すごい数のお店がこの小さな界隈にある。 ゆっくり見たかったのだが、Kが勝手にあちこち歩き回るので、買い物どころではなくなる。 でも、お店の鉄扉を閉めた向こうで売るためなのか、チリをいっぱい乾しているところがちょっと風情があったので、カメラに収めることはできた。
c0039355_16323161.jpg


またあのトローリーに乗って、ダウンタウンまで戻り、少しダウンタウンを散歩して朝食で名が知られているGold Street Caffeで休憩し、またバスに乗り、無事帰宅。 実は今日はアルバカーキ市の市長選挙投票日。 なので、バスはなんとタダでした~! おいしいタマリスと共にラッキーな一日! 明日はサンタフェに行く予定。 さぁ、もう寝ようっと。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-05 16:47 | アルバカーキとその周辺

Albuquerque International Balloon Fiesta Vol.2

世界各国からバルーニスト達がやって来るこのアルバカーキインターナショナルバルーンフィエスタ。 日本からも今年は2組やって来ていたようでした。 そのうち去年も来ていた組の写真で、熱気球をどうやって膨らませるのかをリポートしてみたいと思います。

c0039355_405550.jpg

気球をゴンドラ部分も含めて、横に広げ、開口部分を持ち上げ、そこへでっかい扇風機で風を送り込みます。 写真には写っていませんが、気球のてっぺんにあたる部分にロープがついており、そのロープをつかんでいる人がいて、まんべんなく風が行き渡るように調節しています。
c0039355_44229.jpg
だいぶふくらんで来ました。 真中で開口部を持ち上げているのが日本人パイロットさん。
c0039355_465061.jpg

気球が半分ほど膨らむぐらいに風を送り込んだら、今度はバーナーを点火して空気を暖めます。 バーナーの火が少し見にくいかも知れませんが、右端に写っている男の子の左肩上あたりに炎が見えます。
c0039355_410179.jpg
うまく膨らみました! 「花と気球の里 幌比内」! あれ? “幌比内(ほろびない)”って、、、もしかして私の大好きな反町が主演した映画「GTO」に出てきた町??? 架空の町のはずなんですが、、、聞こうと思いましたが、パイロットさんはもうすでに上空へ・・・

去年初めてこのバルーンフィエスタを見た私達家族ですが、Kは非常に印象が強かったようで、この一年間、気球の写真や絵をどこかで見るたびに「あぬーん! あぬーん!」(“バルーン”とちゃんと言えない)といつも言っていました。 去年のバルーンフィエスタの写真を取り出してはながめていたのです。 そして今回は「K、今日どこに行くの?」と聞くと「バルーンふぃっちゃ」と“フィエスタ”はまだちゃんと言えないけど、“バルーン”は言えるようになっていました。 こういうところにも子供の成長が見れるんだなー、と今年はちょっと違うところに感心。

実は今日からこのバルーンフィエスタを見に母が日本からやって来るので、今年はあと最低2回は行く予定。 夜のバルーンもとても美しいので、写真がうまく撮れたら、またアップする予定です! その他、サンタフェを含め、いわゆる観光地はまわるつもりなので、「アルバカーキとその周辺」カテゴリーがやっと充実させられそうです。 お楽しみに~!

[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-04 04:26 | アルバカーキとその周辺

Albuquerque International Balloon Fiesta Vol.1

c0039355_15302187.jpg


今年も行って来ました! アルバカーキ国際熱気球博!! アメリカだけにとどまらず、世界中から人々が年一回どっとアルバカーキにやって来るこの町最大のお祭り!(?)
 
Albuquerque International Balloon Fiestaは世界中で行われる熱気球博の内でも世界最大規模と言われれているそう。 その理由は“Albuquerque Box”と呼ばれる風の特徴にあるらしい。 朝の冷たい北風に乗って南に気球が運ばれ、上昇したところで暖かい南風に吹かれて北に運ばれ、風がぴったりの時には飛び立ったところに戻って来れるのだそうだ。 このリンク先の説明によると、地元の研究では10月初めにこの“Albuquerque Box”が30%の確率で起こるらしい。 というわけで、今年のバルーンフィエスタは9月30日から始まり、10月9日まで続く。 実質のオープニングは昨日の10月1日だったので、朝4時半起きで予定通り5時45分に家を出て、バルーンフィエスタパークへ向かう。

何にもない時だったら15分以内で行けるのだけれど、ここでもまた車の列、列、列で、なんと駐車場に車を入れるまで1時間半もかかった。。。 楽しみにしていたDawn Patrolは車の中から見た。 このDawn Patrolはまだ日が昇らないうちに風を見るのを目的で始められたのだが、今は音楽やDJに合わせて、ガスバーナーに火をつけ、気球が暗い空にネオンのように美しく輝く一つのショー。 

しかし、約750もの気球が一斉に空にのぼるMass Ascensionにはなんとか間に合った。 
c0039355_16373664.jpg


いわゆる普通の形の気球だけではなく、Special Shapeと呼ばれるおもしろい形のバルーンもたくさん上る。 そのうちのほんの一部だけれど、ここに一挙紹介!
c0039355_16404113.jpg
フィエスタでも一、二を争う人気バルーンのミツバチペア。 空に上がっていく姿がとってもかわいい~!
c0039355_16415492.jpg
小さい気球が大きい気球に衝突!?
c0039355_16424686.jpg
乳製品の会社提供、乳牛のバルーン。 このバルーンのクルーメンバーのうち二人がグリーンベイパッカーズの帽子とかジャケットを着ていたのはやっぱりなんか関係ありか?(グリーンベイがあるウィスコンシンは「アメリカの酪農場」と呼ばれている。)
c0039355_16452839.jpg
子供がお風呂で遊ぶおもちゃの定番、ラバーダック!
c0039355_16463257.jpg
「ガーゴイル(gargoyle)」と呼ばれる怪物像。 ゴシック建築の教会にはよく見られる。
c0039355_16494383.jpg
ニューメキシコと言えば、もうこれなくして語れないでしょう。 言わずと知れたチリ!


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-10-03 16:53 | アルバカーキとその周辺