これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

Fundraising 完了!

もうメディアにもプレスリリースが出たんで、ブログにも書いていい頃かな~、ということで、4月下旬ぐらいからじわじわと始まったFundraising(増資活動、資金調達)Series Cがようやく完了。

何のことかって言うと、私が勤める会社は所謂ベンチャー企業、つまりベンチャーキャピタルが資金を投資している会社なのです。 新製品を開発したり、将来の増員を見込んでたり、市場を拡大したり、と何かとお金が必要な事態に備えて資金を投資家から集める必要があるんですね。 つまり、自力ではそれがまだできないひよっ子企業(Start up)なんです。 アメリカの経済もご存知の通り、かなりダメダメの状況の中、まだ資金に余裕がある内にやっちゃいましょう、ということで始まったのでした。

私がこの会社に勤めることになったのも、社長が前回のfundraising (Series B)の手伝いがいるから、というわけだったのですが、前回はだいたい「ベンチャーキャピタルって何?」ってところから始めた私・・・ 社長も頼りないアシスタントできっと大変だったことでしょう。 完了までに7ヶ月もかかりました。 (いや、私だけが悪いわけじゃないんだけど・・・)  今回はSeries Cが始まる前に前回のように長くてつらいものにならないように最大のサポートをします、と社長に宣言、そして4ヶ月で完了! 

Series Bの筆頭投資会社がかなり動いてくれて、かなりの数のVC(Venture Capital)会社をまわった社長のスケジュールはもうびっしり。 私もまじでハードワークな数ヶ月でした。 電話会議、VC訪問、当社訪問、VCパートナーミーティング、取締役会、海外・国内出張手配 etc.等の社長のアシスタント業務だけでなく、マーケティング取締役部長候補や地域営業マネージャーの面接準備、アレンジなども重なり、本当に自分でもよくやったね~~、と言いたくなるほどの忙しさ。 忙しいだけならまだいい方で、私のアレンジがまずいと物事がスムーズに流れなくなったり、VCへの印象も悪くなる可能性があるので、相当のプレッシャーも。 私自身も5月に契約更改交渉の件で社長と一緒に日本に出張する予定だったのですが、この増資活動が本格的になったので、2日前にドタキャン、ということになったりしました。 中でも6月の最後の2週間はピークで、盛りだくさんの翌週を控えてのある6月の金曜日、アドレナリンが体中を駆け巡り、4時ぐらいから2時間ほど、全てがおかしく感じられて、ずっと笑ってました・・・

でも、Series Bの経験がなかったら、今回のように切り盛りできなかったかも。 苦労のかいあって、今回のSeries Cでは$19M(約19億円)投資して頂きました。 あとは社員が頑張って利益を出せる会社にして、IPO(Initial Public Offering - 新規株式公開)できるぐらいになるぞ~! それかせめて高く買って頂ける会社になってほしい・・・ ほんと将来が楽しみです!
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2008-09-07 15:56 | アメリカで働く

Dance Dance Dance

一昔前にダウンタウンが司会した"Dance Dance Dance"というマイナーなTV番組がありましたが・・・ ま、知っててもなんの役にもたちませんね。 (笑)

11月中旬で今年のバレエレッスンが終わり、来年1月までお預けなので、今はスウィングダンスに週一で行ってます。

以前住んでいたニューメキシコ大学の学生家族寮のすぐそばに市営のコミュニティセンターがあるんですが、そこで毎週火曜日、7時20分から1時間あまりスウィングのレッスンがあるのです。 一回$3! 超激安。 レッスンは必須ではないので、レッスンがいらなくて単に踊りたい人はそれでもOKというすごく融通の利くシステム。 こんなにスウィングダンスをする人がいたのか! と思うぐらい、老若男女が集まり、コミュニティセンターの多目的ホールはいつも満杯。 (結構広いんだよ~)  パッと見、普通に会ってたら全然、ぜーんぜん、ダンスするようには見えない人がすごくうまかったりします。 

家族寮にいた頃からこのスウィングダンスの会(?)のことは近所だから知ってはいたのですが、色々暗くなっていた時期だったので踊る、という気分にもなれず足を運ぶのも億劫になってました。 ところが、一旦バレエをまた始めだして、自分が幸せを感じる、という点でダンスがどれだけ大切だったか、ということに気づきました。 

私のスウィングダンスは今度で3回目。 でも相手のリードがうまいと、結構踊れちゃいます。  初回の時は生バンドの演奏で、すごく良かったし、DJでもいろんなジャンルの音楽がかかってめちゃ楽しいです。 2~3曲踊ると、この時期でも汗だく。 かな~り楽しいです。 何か楽しみにできるものがあるって、本当に幸せなことなんだな~、と改めて思ったりしています。
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-12-03 07:00 | アメリカで生活する

アシスタントとセクレタリーの違い

私はいわゆる“秘書・アシスタント”経験のないまま、現在の社長アシスタントという仕事をやっているわけでして。。。 はっきり言って、どういうのがベストなアシスタントなのか知りません! (と開き直ってみる)

で、とある日、社長が私のオフィスにやって来て、ちょっと話をしていたら、お互いがお互いに感じているフラストレーションの話になり・・・ 彼いわく、
"I need an assistant, not a secretary. If I need a secretary, I would go outsource. And you're a terrible secretary."

「僕はアシスタントがいるんだよ。 セクレタリーはいらないんだ。 セクレタリーがいるんだったら、外注でそういうの頼めるし。 で、君はとんでもないセクレタリーだ。」
とのたまった!

その時の私の反応は
「へー、そうなんだ。 アシスタントがいるのか、って私はアシスタントじゃないのか? アシスタントとセクレタリーの違いって何?」
となぜかいたって平静。 「とんでもないセクレタリー」の意味がわかんないから、つまり、自分はいつもベストの仕事をしている!と思っていたから、「とんでもない」の部分がまじわからなくて、「じゃ、アシスタントってどういうことをする人なんですか?」って聞いたら、
"Assistants anticipate what their bosses want, think, act on etc. Assistants make suggestions and recommendations for what their bosses should consider or act on. Sometimes assistants speak on behalf of their bosses or make decisions on behalf of them. Especially assistants to executives need to be on top of what is going on in the entire company and sort out priorities for them. With this, being an assistant could be more challenging than being a president and CEO, and yet that role could be very influential for the company."

「アシスタントっていうのは上司が何をほしいのか、何を考えてるのか、何に対して行動するのか予想するんだよ。 上司がどんなことを考えるべきかとか、何に対して行動を取るべきかってことについても提案したりアドバイスしたりする。 時には上司に代わって発言したり、決定を出したり。 特に取締役のアシスタントは会社全体で何が起こっているのか把握して、優先順位を上司のために整理したりする必要がある。 だから、アシスタントであるということは社長やCEOである、ってことよりも大変な場合もあり得る。 なおかつその役割は会社に対して、多大な影響力を持つということも有り得るんだ。」
えーーー! そうだったのー! アシスタントってそんなことまでするんだ! って全く私って勉強不足。 そういうことならまじで真剣に本気出してやらんとできひんやん! と思ったら、「とんでもないセクレタリー」の」「とんでもない」の部分がよくわかったような気がした。 

前任者も私が会社に入った時にはいなかった。 マニュアルもない。 じゃ、本を読むしかないってことでアシスタント関係の本を数冊即注文。  その中の一冊にアシスタントとセクレタリーの違いが対比表になって出ていた。 その一つがこれ。 
セクレタリー・・・ 一日平均9時から5時就業
アシスタント・・・ 必要に応じて一日24時間
OMG ものだよね。 24時間かー。 Regain飲んでも、もう24時間戦えそうにないかも。 (古すぎの例え・・・) まぁ、平均12時間働いてるけど。  それにしても24時間だよ、24時間。  そういう心構えでいろってことね、と理解しております。 

色々言われたけど、でも、こうやって社長がどういうアシスタントが欲しいのかがわかってよかったよ。 私もはっきりした目標ができたし。 やっぱり正直にコミュニケーションするのが一番だね。 目指すぞ、Kick A$$ Assistant!

**mixiに載せた日記を修正加筆しました。 英文は実際の会話の記憶から思い起こして書いていますので、一字一句その通りに社長が言ったとは限りません。 また文法・語法に誤りがあるかも知れません。 あらかじめご了承下さい。**
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-11-25 15:44 | アメリカで働く

 -Update-

半年以上もほったらかしで、このブログが残っているのかさえ、ちょっぴり不安だったりしましたが、ちゃんと残っていました。 (ホッ) って当たり前? でもエキサイトのメールアカウントはすっかり抹殺されてしまっていました。

この間、ミクシィの方ではそれこそたまぁ~に日記を簡単に書いたりはしていたのですが、なかなか腰をすえて文章を書く、ということができずにいました。 それにちょっとそそのかされてfacebookに参加してみたものの、そっちもまたほったらかし状態。 というか、使い勝手が悪い、いつログインしたのか履歴が出る、それも自分のFriendsになっている人にもログイン履歴が勝手に送信されるので、会社からログインしづらい、というのもあって結局ほったらかし・・・

コメントを下さった皆様、読みに来て下さった皆様、本当に有難うございました。 すぐにお返事できなかったり、新しいエントリーができずにごめんなさい。。。

この間、甲状腺機能低下症がまた悪くなったり、仕事がすご~く忙しくなったりして、家に帰って来ても、夕食食べる暇もなくKのシャワーの手伝い、歯磨き、寝る用意、本読みをして、落ち着いた、と思ったら今度は自分が寝る時間、という毎日です。

甲状腺機能低下症の方は、薬の量が少し増えて、だいぶ楽なのですが、データとしては今度は甲状腺ホルモンが過多になっているらしいのですが、以前それで薬の量を減らしてすごく悪くなってしまったので、とりあえず増えた量であと一ヶ月ほど様子見です。 というわけでやっとブログもアップしようという元気も出てきました。

最後にエントリーをアップした後の新しいことと言えば・・・

KがUNM(The University of New Mexico)の音楽教室に通い始めました。 土曜日にこの音楽教室に連れて行くのは私の役目。

社長がラップトップを新しくしたので、私にお下がりが回って来ました。 このラップトップにはVPN(Virtual Private Network)が備わっているので、会社にいなくても、どこにいても、会社でPCを使うのと全く同じことができます。 なので、ラップトップを家に持って帰って来て、結局家でも仕事をすることに・・・

ようやくオフィスをもらえました・・・ と同時に部下が二人に。 仕事はガンガン増えているので、この調子で給料もガンガン増えて行け~!

なんとまたバレエを始めました。 アルバカーキに越して来てから3年。。。 また始めたら、これがもうやめられません。

主だったことはこんなところかな~。 またミクシィにアップした日記を元にこちらの方にもアップしてみようと思います。

では、次の機会までごきげんよう~!
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-11-11 09:59 | アメリカで働く

私の仕事 その2 - オフィスアドミニストレーター

『オフィスアドミニストレーター』 なんて書くと一体どんな仕事なんや~?って感じですが、いわゆる総務みたいな仕事です。 オフィス内のことは何でもやります。 自分の担当ではないことは該当部署に転送しますが、一応全体の窓口ということでとりあえず何でも受け付けます。

ロビーに座っているせいもあって、各部署の色んな人が色んなことを聞いてきます。 コピー機の紙がつまった(自分でつまった紙を取ろうよ)、ファックスのトナー交換が必要だ(じゃ、交換してね。)ネットワークにログインできない(ITに先に聞こうよ)という「まずは自分で調べてみようよ。」レベルから、キッチン備品の管理、オフィスのレイアウト、家具の発注などや電話会議の中継番号設定、会議室のスケジュール管理や早急に処置しないと(電話が通じないとか)いけないような問題まで。

一番私が個人的に受けたのは、次のような質問。 
「パスポートを更新しないといけないんだけど、僕の前のパスポートはもう失効してるんだ。 どうすればいいか知ってる?」

あのー、私日本人なんですけどー! アメリカ人のパスポート更新のことを知らなくても全然かまわない立場なんですけどーーーー!

私が髪振り乱して二人分の仕事をしていた時期だったので、「そんなことぐだぐだタイプしてメールしてくる時間があるなら、passport renewal ってたった二語だけタイプしてググれば一発でしょうよ!」 ってまじで思いましたよ。 でも、とりあえず、なぜかアメリカ政府国務省のパスポート更新のページを知っていたので、URLをハイパーリンク付きで返事しました。

私が一番いやなのは、ロビーに座ってるいるからなのかどうなのかわかんないけど、私が暇だと思って、つまんないおしゃべりをしてくる人。 でもそういう人を邪険に扱うわけにもいかず、あまりに長くなるとシャチョーの名前を出して、「あのー、これを早急に用意しないといけないので・・・」って感じで仕事に戻らせてもらわないといけないのが、どうにもいやだ。 こういう人は相手がどういう状況なのか、ということに対する気配りが全然できないんだろうなー。 

新しい受付兼アドミニストレーターを雇ったので、私のこういう総務的な仕事は少しずつ彼女に手伝ってもらいつつ引継ぎ中。 一応最終確認は私がするようにはしていますが、だいぶ肩の荷が軽くなりつつある今日この頃。 その受付の彼女が独り立ちできるようになったら、総務的な仕事は全部彼女にやってもらう予定。 そしてできた時間はシャチョーと私のもう一つの仕事、国際営業サポートの方に回すようにしたい、と言うか、してくれ、と言われています。 ・・・ということは、いつまでたっても日本人のように働かないといけない、、、ということなのでしょうか。。。 シャチョー! 私が働き者じゃなかったら一体どうするつもりだったの~?
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-04-15 15:58 | アメリカで働く

私の仕事 その1 - 社長アシスタント

私はもしかすると、いわゆる「社長アシスタント・社長秘書」の典型とはほど遠いかも知れない。

というのも、社長のアシスタントなんて仕事はやったこともなければ、そういう仕事をしている人と一緒に働いたこともないし、友達にもいない。  それに前任者も私が入社した時にはもういなかったので、「こんな感じ?」と毎日思いながら仕事をしている。 反対に言えば、自分がやりたいように自分のスタイルでできる、というのはラッキーなことだと思う。

会社も社長も若いし、ここはなんてたってカジュアルなアルバカーキ。 私の中にあるステレオタイプな秘書、例えば、運転手付きの黒光りしたベンツの後部座席に社長が乗り込むと、秘書がかばんを手渡し、「いってらっしゃいませ」てなことをいいながら車が見えなくなるまでお辞儀・・・ なーんてことは全くない。 だいたい最近のうちのシャチョー、マウンテンバイクで通勤してるし・・・ シャチョーの車はBeemer(BMW)のM3コンバーチブルだから後部座席に乗り込むのメチャめんどくさいし。

たまには"Sir"って言ってみたりもするけど、やっぱファーストネームだよね、アメリカって国は。 シャチョーもくだけた人だから、お互いジョーク飛ばしたり、中国との電話会議をスケジュールしたのに、それもアラーム付きで入れといたのに、ブッチしちゃったり、完璧じゃないところが人間的でいい。 ちょっとわがままだけど、無理難題は言ってこないから助かる。 とにかくシャチョーにはいい仕事をしてもらいたいので、細かなことは私が代りにやるようにいつもアンテナをはっている。 甘やかすわけじゃないけど、部屋を片付ける時間があったら、シャチョーにはもっと重要な決断をしてほしいので、私がささっと片付けるとか、あるいはジムにでも行ってちょっとストレス発散してもらうとか。

とこう、わりとりラックスした社長アシスタント業なわけだけど、気をつけていることが三つある。

一つは身だしなみ。 今はロビーに座っている、ということもあるけれど、一応社長のアシスタントだからねー。 お化粧もし、きちんとした格好をするようにしている。 社長の来客は時にはとても高名な方や著名な方もおられるので、失礼のないように。 かと言って高い服・靴を身に付けているわけでも、新しいものばかり持っているわけでもない。 この仕事の前に働いていたリサイクルショップで今も服を買う。 でも、やっぱり新しい服もまぁ、欲しくなるよね。 で最近はTheoryのスーツとか買っちゃったんだけど・・・

二つ目は丁寧な英語。 電話だといまだに焦って、ちょっとため口風になってしまったりする。  でもなるべく丁寧な英語をメールでは使うように気をつける。 失礼がないように、本当に冷や汗モノでメールを書くことも結構ある。 文法間違ってないか?とかこの単語はこの文脈に適切か?とか・・・ 「このメールの文章はなんだ? これでも社長のアシスタントか?」なんて先方に思われたら、私はいいとして、シャチョーのみならず、会社のイメージも悪くなっちゃうからねー。  私が連絡を取る相手はほとんど場合、目上の方なので、相手がファーストネームで呼んでくれ、と言うまではMr./Ms.を使うようにしている。 でも何事も中庸が肝心。 丁寧すぎないようにも気を使っている。

三つ目は笑顔。 これはシャチョーだけじゃなくて、その一日に会った人、みんなに笑顔を向ける。 「笑顔がいいからこれあげる。」って取引先の人(女性)におみやげをもらったこともあるぞ! いい笑顔を向けるためにはいい自分でいないとできない。 なので、毎日その日その日を「今日は今までで一番いい日だ!」と自分に暗示をかけるみたいに言い聞かせたりしている。

そういう私の目下の仕事はシャチョーがアメリカ政府商務省主催のインド・中国視察派遣団に参加するので、商務省のコーディネーターと連絡を取りながら、飛行機とかビザとかの手配。 意外と複雑で時間がかかるんだな、これが。 頑張ります。

さて、明日は今までで一番いい日になるぞ~!
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-04-05 15:34 | アメリカで働く

ホホバオイルの威力

以前、「日本人の髪はアメリカ人の憧れ?」という記事を書いたのですが、いまだに私の髪はとにかく多くて硬い。 そんでもって、アメリカの美容院恐怖症なので、髪が長い。 バレッタでとめたり、ひっつめてお団子にしてみたり、ゴムでくくったり。 とにかく何かしないと髪が昔のティナ・ターナーのようにすごく広がってしまう。→c0039355_3465494.jpg

何もなしで、ロングの髪をそのまま肩におろして耳にちょっとかけてみる、、、みたいなことは夢のまた夢・・・ と思っていたのですが!

Trader Joe'sでみつけたホホバオイルをシャンプー後に使って見ることにしたのです。
c0039355_1642527.jpg
これがそれ。

このホホバオイルをタオルドライした髪に毛先を中心に少量ずつもみこむようにつけて、ドライヤーで乾かし、くるくるドライヤーでスタイリングするようにしてから約半年ぐらいになるかな~。 髪が全然広がらなくなりました! 反対に「お、ちょっとつけすぎたかな?」という時には髪がぺったんこになるぐらいの威力。 髪が減ったのかも、、、と思ってはみたけど、スタイリングする前はすごい広がってます。 髪も全体的に柔らかくなったような感じ。 ゴムも、カチューシャも、バレッタも何も使わなくても良くなるなんて! すごいぞ、ホホバオイル。 もっと前に出会っていたかったな~!
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-03-31 17:00 | アメリカで生活する

自分へのご褒美-Oakleyのサングラス

c0039355_1437277.jpg


こんなのを買っちまいました。 OakleyのWireシリーズの一つ、Whiskerというモデルです。  (写真がでかくてすみません。 しばらく写真をアップしてなかったら、サイズ変更の仕方を忘れてしまいました。 思い出したら後で調整してみまーす。)

車を運転する時にサングラスは必需品。 それも日光燦燦のニューメキシコならなおさら。 サングラスをせずに運転して目がくらんでしまい、駐車していた車に追突した日本人の友達が以前いました。 警察官に「なんでサングラスをしないんだ!」って怒られたそうです。

今まではウォルマートとかの安物で我慢していたのですが、会社から従業員紹介ボーナス(従業員が募集職種に誰かを紹介し、その人が採用されたら、試用期間経過後に紹介者にボーナスが支給されるシステム)で、$100を頂いたので、それに自分で足して買いましたぞよ!

なぜか私の目は光に弱いらしく、ちょっと曇っていてもまぶしくて仕方ありません。 なので、今回はふんぱつして偏光レンズにしました。 ほんと、安物を使い続けた後だけに、違いが歴然。 ほんとよく見えるわ~! と感動してます。 あー、本物のサングラスだー!! 幸せー!! って感じ。

だいたい私のサングラス歴はスキーを始めた頃、80年代頃からになるわけですが、スキー用ゴーグルも偏光レンズに取り替えられるものだったりしました。 偏光レンズだと吹雪いてる時でも、曇っている時でも斜面がはっきりと見えるんですよね。 当時はOakleyも出始めたばかり位で、初期のEyeshadeというサングラスとゴーグルの間のようなものも使ったりしていました。  今も大事に取ってあるのは、まぁ、センチメンタルバリューでしかありませんが、Vuarnet(ビュアルネ)のSkilynxとかBollé(ボレ)とか。 Bolléはけっこう今でも通用するデザインなので、緊急用に車に常備してあります。 なんせサングラスなかったら運転に支障をきたしてしまう私なので。  と、こう当時流行ったブランド名を見てちょっと懐かしくなったあなたは私と同年代ですか???
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-03-29 15:21 | アメリカで生活する

いや、ほんとに忙しかったのよ~!

やっとこさ、なんかこうやってブログする気にもなれたのですが、2月中旬から約一ヶ月、マジで忙しかったのよー。

ロビーには二つ受付カウンターがあるのですが、もう一つに座っていたJimが2月中旬から別の部署に異動になってしまったのです! 異動先の部長が「早く来てくれぇー!」って感じで後任が決まる前に彼は行ってしまったでした。  派遣さんに来て貰っていたものの、やっぱり派遣さんは派遣さん。 電話と来客応対、書類整理なんかはやってもらったんだけど、それ以外はガサーっと私にやって来てしまい、それ以来、私は約二人分の仕事を日々12時間労働、週末にメール整理でこなしていたのです。。。 その週末でさえ、メールが30通以上もやってくる! みんな、週末は休もうよ・・・ 特にシャチョー! 週末30通の約半分はあなたからのメールではありませんか・・・ 私を少しは休ませて下さい、と言いたくなりました。 

昼休みもままならず、午後の社内ミーティング中に「申し訳ありませんが、ランチタイムを取る余裕がありませんので、ミーティング中ではございますが、食事を取らさせて頂きます!」って感じで食べたり。 これはまだいい方で、食べられなかったことさえ・・・ おかげでかなりやせました。 きつかったスカート、パンツの類がすんなり入るようになったので、これは良かった。

この間、もちろん新しい受付職を募集していて、最初の面接日が実はバレンタインデーだったのですが、なんと非情なまでのドカ雪が降り、会社自体が休みとなり、その日に予定していた面接も全部キャンセル、次週となったのです。 そしてその次週。 4人面接しましたが、撃沈。 時間の無駄だった。 あんなに空しさを感じたのは久々だったな~。

派遣さんが州外に引っ越すことになり、受付さんが決まるまでの最後の一週間、まさに、まさに私は全くの一人きりで切り盛り致しました。 我ながら、ほんとによく頑張った! 誰も誉めてくれないから、自分で誉めます。  ご褒美に自分にオークリーのサングラスを買いました。 これはまた別のエントリーで。

新しい受付が決まった先週からやっと本来の仕事に戻れる、という感じ。 やっぱりフルタイムの人がつくって言うのは精神的に全然違う。 

でもなんでだろうね、あぁやって滅茶苦茶忙しい状況の時に限って、メールが来る量が普段の2倍に激増しちゃうんだから。 Jimがいなくなって彼がやっていた仕事の依頼メールが増えたとは言え、ほぼ毎日コンスタントに50通ほどメールがやって来てた。 加えて、私は社長宛てのメールにもざっとだけど、目を通すので、メール読んで対応するだけで終わる日もあったり。 それが最近は半分ぐらいに減った。 シャチョーに「とにかく忙しいから、今できない!」とか言ってたから彼が遠慮したのだろうか・・・ ははは、ごめんよ~。

バレンタインデーのドカ雪が溶けて私が入る予定のオフィスの天井から水がぽたぽたと・・・  天井・屋根屋さんはそれ以来大忙しだそうで、うちのオフィスの屋根をまだ直しに来ない → 屋根が直らないと部屋の天井を直せない(塗装に激しいダメージが) → 塗装が終わらないと家具を入れられない → まだオフィスをもらえてない、という状況。 

年が明けて、なんとなく4月にならないと落ち着いて仕事できそうにないかも~、と思っていたのですが、予感が的中。  いい予感もぜひ当たってほしいものです。
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-03-27 15:58 | アメリカで働く

Cost Plus World Market がウエストサイドに!

約13年程前にサンフランシスコでコストプラスに出会ってからファンでした。

グリーンベイにいた頃はシカゴに行く度に寄っていました。

アルバカーキに来てからは時々行っていましたが、、、なーんかお店が暗ーいんだよね。 そんでもってロケーションがちょっと不便。

3月22日の木曜日、私が住むアルバカーキのウエストサイドに新しいコストプラスワールドマーケットが大オープン!!

昨日早速行ってきました~。 夕食食べてから行ったので、短い時間だったのですが、堪能した! 店内も明るく、広くて楽しかった。 何より、家から近いし。

最近はアルバカーキにPottery Barn や Williams Sonomaの路面店ができたりして、かなりショッピングも充実してきて楽しくなって来ました。 (ウィンドウショッピングが私の場合メインですが。) これでCrate & Barrelができれば、言うことなし!
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-03-26 02:30 | アルバカーキとその周辺