これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

今話題の“エグゼンプション”

今日本で話題の“エグゼンプション”。  

日本ではエグゼンプションと呼ばれている勤労形態、アメリカではexempt(エグゼンプト)と言っている。 このexempt と non-exempt についてはこのブログを始めた頃から書こうと思っていたトピックの一つで、下調べも結構していたのに、書くタイミングを逃してしまっていた。 というわけで、やっとタイムリーなので、少し書こうかと。

単純に言うと、エグゼンプトは年収制、ノンエグゼンプトは時給制。 エグゼンプトは残業代が出ない、ノンエグゼンプトは残業代が出る。 エグゼンプトは有休とか、病欠休暇の枠がない。 つまり取りたいだけ休みが取れる。 ノンエグゼンプトは勤務時間、年数で有休日数が決まっていたり、病欠休暇の上限が普通設定されていて、それを超えると無給扱いになる。 どっちがいい?

アメリカでは連邦労働法でエグゼンプトにできる職種が非常に細かく設定されている。  最低年収も設定されている。 この規定はかなり昔に設定されているので、200万円ちょっとの年収でもエグゼンプトにできたりする。 でもそれ以外の条件が結構あったりするので、たいていエグゼンプトは管理職に適用される。

個人的な意見から言うと、独身者はノンエグゼンプトでも働きやすいと思う。 私も独身時代は休暇よりも残業代をしっかりもらえる方が良かった。 でも既婚者で子供もいて、となると、色々保育園、幼稚園、学校なんかの送り迎え、習い事などなどに時間を割きたい時、“定時”が決められているノンエグゼンプトよりはある程度時間の枠にとらわれず自分で労働時間を調整できるエグゼンプトの方が働きやすい。  要は、自分の今のライフスタイルでどっちの方が働きやすいか、ということだと思う。 エグゼンプト、ノンエグゼンプトは会社側が決めることなので、自分では決められないが、職種を選ぶ時点でどちらかを見極めて選ぶことはもちろんできる。

日本のエグゼンプションの決定的な欠点は最低年収を設定していないことだと思う。 エグゼンプトの概念が浸透して受け入れられているアメリカの例などを挙げながら前もってしっかりと勤労者側に「エグゼンプションとはどういう制度なのか」を伝えていかないと今回のような拒否反応に会うのは当然。 時期尚早というよりは準備不足という感がぬぐえない。

そうこう言う私もとうとう1月29日の月曜日からエグゼンプトになった。  
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-02-02 13:01 | アメリカで働く

新しいオフィスチェア

なんとオフィスをもらえることになった。 社長のオフィスと会議室の間にある小さい、と言っても一人には充分な広さのオフィス。 ま、窓がないのは難だけど、グリーンベイで働いてた会社のオフィスは窓があるオフィスの方が少なかったし。 ロビーに座ってる今よりはよっぽどましだ~!

で、社長もファシリティマネージャー(オフィス環境を整える人)も「キュービクルを中に入れる? それともデスクを入れる? どんなデスクがいい? 何でも好きなのを言っていいよ。」 なーんて超有り難いことをおっしゃってくれる。 キュービクルとはパネルで囲われた個人のオフィススペースのことで、普通はドアがない、いわゆるワークステーションのこと。 私はとにかく台になるものは単純なテーブルでも高さが合えば働けるので、キュービクルでもデスクでもはっきり言ってどっちでもいい。 でも、椅子だけはいいのがほしい、と恐れ多くも言ってしまった。

今座っているロビーのデスクカウンターと椅子は体格のいい人向けに作られているので、どうも小さい私には人間工学的にかなり無理がある。 去年の11月頃には背中の左、左肩、左手がしびれてきたりして、デスクの下にキーボードトレイを付けてもらって、だいぶましになった。 やっぱり椅子とデスクの高さってずっと座って仕事するのにはとても大切。

そんな私に「どんな椅子がいいの?」と聞く社長。 私はオフィス家具業界に10年以上いた身なので、「私のスタンダードはちょっと高いんです。」とばかりに、著名なオフィス家具デザイナー、ニールス・ディフリエント(Niels Diffrient)がデザインしたヒューマンスケール社(Humanscale)のリバティーチェア(Liberty)をリクエストしてみた。 
c0039355_6502837.gif

本当はドラマ『24』のCTUセットや映画『Mr.&Mrs. スミス』で使われている同じくヒューマンスケールのフリーダムチェア(Freedom)が欲しかったんだけど、サイトを見ていたら、新しい椅子、リバティーが出ているのを発見。 前からいいな~、って思ってたんだよね。 

でも、ちょっとそれなりのお値段(定価$900ぐらい。 日本で売られているのはなんと14万円だった!!)。 だいたい$150前後の椅子に皆座っているので、無理だろーと思っていたら、ハーマンミラー(Herman Miller)のアーロンチェア(Aeron)に座っている社長、あっさりOKになった。 さすがだ、シャチョー!!

というわけで、オフィスがもらえるよりも、ディフリエントデザインの椅子に座れることの方が楽しみで嬉しかったりする今日この頃。  椅子は2~3週間でやって来る~! (写真は私が注文した色にかなり近いです!)
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-01-30 06:50 | アメリカで働く

「一年の計は元旦にあり」

今年が平成何年なのかもわからなくなってしまったのですが、2007年になって2週間。 私は2007年の「一年の計」をクリスマスに立ててみました。

1. 運動する
2. もう少し自分のために時間を割く
3. GMATの勉強をする

これは長期計画。 短期の目標としては・・・

A. 引越しの荷解きを完了する
B. 歯医者に定期的に行く
C. 健康診断を定期的に受ける

とりあえず、「運動」として毎日3km弱、昼休みに歩いてます。 日本だと歩くことなんて簡単だし、と言うか歩くのが普通ですが、アメリカだと歩くのは意識しないとちょっと難しいんですよね。 今は毎日気温が零下で結構寒い(雪がかなり降った)のですが、冬生まれの私は寒いのは割りと平気。 雲ひとつなく晴れ渡った中、鼻の奥がツンとするようなパリッとした冷たい空気を吸いながら歩くと鼻だけじゃなくて頭もスッキリ。 午後の仕事もかえってはかどるし、なんとなく楽しい気分になるので、一挙両得、一石二鳥と言ったところ。

今年も気張らず書いていきます。 皆様にとっても素敵な2007年でありますように! 
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2007-01-17 07:12 | アメリカで生活する

めちゃ、久しぶりの更新・・・

フルタイムの仕事を始めて以来、すっかりブログをする時間がなくなってしまった私・・・

時間は作ればあるのだろうけど、朝早いので、もう以前のようには夜更かしもできず、また、正直な話、11時ぐらいにはもう眠くて、PCの前に座ってもキーボードに手を置いたまま寝てしまったり・・・

そうこうする内に3ヶ月半ほどたってしまったよ~!

今日は取り急ぎ近況報告。 コメントを下さった皆様、大感謝です! お返事をすぐにできずにごめんなさい。 でもほんとにありがとう♡

8月14日からアルバカーキに本社があるアメリカベンチャー企業に就職。 あまりにも早く採用されてしまったので、どんな仕事をするのかはっきりとわからないまま(←あまりに仕事に飢えていたので、なんでもいいや!って気分だったのがほんとのところ。)出社したところ、私の実際の仕事はなんと社長秘書だったのであ~る。 超青くなる私。

でも、社長はほんとうにすごい人で、私より一つ年下だけど、尊敬に値する人。 初めはこの社長の早口にかなり焦ったけど、最近はだいぶ慣れて来た。 性格とか癖とかもわかって来たし。 またこの社長が大した経歴の持ち主。 と思ったらマネジメントメンバー(取締役クラス)の学歴・職歴が、まぁ、あなた、目がくらみそう。  こんなアメリカで勉強したことのない私が秘書でいいんでしょーか、私は今まで何をして来たんでしょーか、と自問・自省することしばしば。

はっきり言います。 給料は決して良くありません。 グリーンベイで働いていた5年前の給料よりかなり下です。 でも! アルバカーキではまぁまぁというところでしょう、情けないけど。 理想論に聞こえるかも知れませんが、給料よりもこの就職を機会に今一緒に仕事をしている人達との出会いが自分にいい刺激と気持ちの豊かさ、そして将来への希望を与えてくれたことの方が大きいと思ってます。 ありがとうの気持ちで一杯!

で、将来への希望の一つを叶えました。 タウンハウス(デュープレックス)ですが、家を買いました。 来週引越します。 またブログできなくなると思いますが、お許しを。 家は1,600平方フット(約45坪)ほどですが、家族3人が暮らすにはちょうどいいサイズ。 プラス、車2台分の車庫と猫の額よりは一回り広い庭がついてます。 皆さん、アルバカーキに泊れる所ができましたよー! 遊びに来て下さいね。

次の将来の希望は・・・ やっぱりマスター(大学院)を取ることですね。 MBAに路線変更すると思います。 今は一般MBAにするか、プロフェッショナルMBA(PMBA)にするかリサーチしています。 もちろんGMATも。。。 道のりは遠いなぁ~

それではまた次の機会に~
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2006-11-26 17:24 | アメリカで生活する

不器用

「今週休みにしとけば良かった・・・」


と急に今日気が付いた。

来週の月曜日から新しい仕事に就く私。 フルタイムなので8時から5時勤務。 今のアルバイトを今週の土曜日までやって日曜が休みで月曜から即・・・ ということは家の片付けとか細かいことをやる時間がますますないってことじゃん! まとまった休みだって取りにくくなるのに。

あ~、なんで今週一週間休みにしとかなかったんだろー

アメリカで仕事を辞める時は最低2週間前に言っとけばまず問題なし。(会社規定で別途定められている場合は除く) 私はゆうゆう3週間あったのに。。。 

あれよ、あれよという言う間に仕事が決まってしまったので、なんかゆっくり考える余裕がないまま日程を決めてしまったんだけど、こういうところササッと計算できないのよね。 なんつーか、不器用というか、要領悪いと言うか。 まぁ、こういうところが私の私たる所以なんですが。

しばらくは仕事に慣れるのに必死になることは目に見えているので、部屋の片付けはまたその内ということにしておきます。
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2006-08-09 15:06 | アメリカで生活する

アクセス解析

このエキサイトでネームカードを作るともれなくアクセス解析がついてきて、ページビュー数、リンク元URL、検索ワードランキングが見られる。

検索キーワードランキングが結構おもしろかったりするので、見ながら、よく「へ~、こんなキーワードで私のブログが出てくるんだー!」って思って、自分でやってみたり。

5月からこのサービスが始まったのでデータは過去3ヶ月だけなんだけど、検索キーワードの3ヶ月通しての1位は『アルバカーキ』(「アメリカ アルバカーキ」、「日本 アルバカーキ」というのも含む)。 まぁ、当然と言えば当然だよね。 そして意外にも上位に入っているのが『アリソン・デュボア』(「アリソン デュボア」も含む)。 過去何回かTVドラマの『Medium』について書いているので主人公の実在人物『アリソン・デュボア』がひっかかってくるんだろうけど、意外だー。 

あと、ちょっと珍しいところで『追い込み文』てのがあった。 実はどうもこれは私の勘違いだったのか覚え間違いだったのか、『追い込み文』という言葉はどうもないらしい・・・ 文法上、本当は“混文”というらしい。 なんで『追い込み文』と覚えていたかは謎。 ごめんなさいねー、これで私のブログに来てしまった方・・・

あとはAmerican Idol関係やなぜか『ダストバニー』。 一度だけ『ダストバニー』って使った覚えはあるけど、ひょんなところで検索結果が出るんだな~。

あと、一番最近受けた検索ワードは、ずばり『貧乏 アメリカ 生活』! まさにうちのブログにはぴったりの検索ワードではないですか!(爆) このブログでお役に立てればまじ幸いです。

こんなあんな言いながら、実はこうやってわざわざ検索してこのブログにたどり着いた皆様に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいでございます! 有難うございます。 これからもご贔屓に~~!
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2006-07-31 16:04

決まる時には決まる

夫のTの卒論はまだだし、就職先も決まってないしで、正直な話、将来を思うと青くなってた私。。。

そんなある時、私が参加しているSNS(Social Network Site)のmixiで出会ったとあるコミュニティ(同好会のようなもの)。 そのコミュに書き込まれていた色んな投稿を読んで、悪いにつけいいにつけ、それを選択しているのは自分。 それならいい方を選択した方が良くないか・・・ ということに気が付いた。

こう書くとすごく単純なこと。 そう、実はすっごく単純なことだったんだ。 

それまでの私は色々と思いを巡らせ、「どうしよう」って思うばかりで全然解決策を思いつけない状態で、難しく考え過ぎてた。 解決策を具体的に考え付くにはまず『なりたい私』が思い浮かばなければだめだったんだ。

思えば、“バイリンギャル”に憧れて英語を始め、そのうち海外で仕事をしたいと思うようになり、ますます英語と日本でしていた仕事を頑張って、そして結局海外進出を果たしたじゃない、私!ということを思い出した。

そこで、何の根拠もないんだけれど、とにかく「生き生きと元気で幸せを感じている私」をイメージしてみることにした。 「必ずいいことが起こる。 私にはその価値があるんだから!(いや、CMじゃないんだけどね・・・)」と、“とにかく”思ってみることにした。

そうして、いわゆる“ポジティブシンキング”を意識し出して2日。 2日目の夜、仕事の紹介がメールで来たのだった~! そのメールを読んだ時にはもうびっくりして汗がにじみ出て来て、「これって、本当にいいことが起きちゃった?」って思った。

すぐに履歴書を送って、面接。 これまた不思議なんだけど、その会社に入った時からプラスのパワーを感じたし、社長、人事、総務、マーケティングと4人が次々と約3時間に渡って私をインタビューしたのだけど、みんなすごくいい感じの人達で、ここなら元気に仕事ができそう、と思った。 社長がとにかく素晴らしい人だったので、この社長だから社員が生き生きしているんだな、とも思った。

第一回の面接後、宿題が出て、その会社の提携先である日本企業が作ったマーケティング資料を翻訳し、プレゼンするというものだった。 しばらく使ってないPowerPointで四苦八苦しながらスライドを作り、専門用語がヒジョーに難しかったのだが、なんとか翻訳して資料を作成。 完璧夜型人間のこの私が、なんと朝の8時半からプレゼンを行った、というだけで自画自賛している私。 

その日の午後に内定、翌日には正式なオファーレターが届いた。 最初の面接から正式オファーレターまでぴったり1週間。 履歴書を出してからを入れても8日というスピード決定だった。

アルバカーキに来てほぼ丸2年。 これまで就職のことで色々と悩んで来たのが嘘みたい。 自分がポジティブに将来をとにかくイメージすることを始めたのとこの仕事が決まったのは単なる偶然なのかも知れない。 でも以前の私だったら、「どうせまただめ。」とか思って活かせるチャンスも活かせなかったかも知れない。 そういう意味ではやっぱり起きることは偶然ではなく必然なんだと思う。 そして仕事を紹介してくれた友人、応援してくれた友人、雇ってくれた会社、皆に感謝!!

どうせならいい事を選択してなりたい自分になるぞぉ~!! 人生まだまだこれからさッ!
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2006-07-27 13:56 | アメリカで働く

大学院と就職

3月に大学院へ応募する。。。。ということを書いたっきりでその後どうなったのか全然触れておりませんでした。

結局は学術的な世界からかなりの年月離れており、学術能力を客観的に判断できる材料が直近にないこと、大学の専攻が言語学とは全く違うので、言語学を専門に大学院で学ぶために必要な基礎科目の履修が必要、ということで即大学院で勉強・研究するのに疑問が残る・・・という理由で大学院入学はだめでした。

推薦状は元いた会社の上司や友人にお願いしたのですが、大学院側から、大学の教授陣から書いてもらえないだろうか、という打診がありました。 でも、、、私が大学を卒業したのはもうかれこれ20年前。 当時教えて頂いた教授陣とは全く連絡を取り合っておらず、また取り合っていたとしても、今ごろご健在かどうかも怪しく・・・などと返事をしたのでありました。

ただ、私が学びたい部分は応募した大学院の研究課題としてふさわしいものであるので、大学院側からの助言としてはNon-degree graduate student (非学位目的大学院生)として必修科目を取ってから再度大学院に応募する、というものでした。 そこで、Non-degree graduate studentとしての登録も済ませてしまいました。

とりあえず、夫Tの就職先も決まっておらず、私が秋から学生になるのがほぼ確実なのかな~、と思っていたところ、突然お仕事のお誘いが・・・

あれよ、あれよ、という間に決まってしまい、私がフルタイムで就職することになりました。

というわけで、人生何が起こるかわかりませんねー。 8月中旬よりフルタイマーとして働きます。 大学院はまたチャンスがやって来るはず。 その時にしっかり勉強しようと思います。
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2006-07-26 15:01 | アメリカで働く

夜中の2時

今、夜中の2時15分。

Kが寝てから色々事務的なことをやったり、ネットをしたりしてるうちにこんな時間にあっと言う間になってしまう。

そして、たいていこれぐらいの時間になるとお腹が空くんだよねー。

早く寝ろよ、ってことですね。 私が飲んでるお薬は空腹時に飲まないといけないので、今から飲んで寝ます。

いい夢を見ますように。

おやすみなさ~い。
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2006-07-24 17:17 | アメリカで生活する

訪問者数が2万を超えました!

しばらくブログから遠ざかっていたのと、再開してもこのエキログについてる、訪問者数がわかるレポートを見ていなかったのですが、、、

久しぶりに覗いたら、のべ訪問者数がなんと2万人を超えていました~!!!!!!

皆さん、有難うございますx∞ ♡

過去2週間の訪問者数などから考えて、2万人超えはどうも独立記念日があった7月1週目のあたりのようです。  今年の独立記念日あたりはボランティア通訳をしたので、ブログを開ける余裕もなく、20,000の数字を見逃してしまいました。。。

本当に来てくださる皆様のおかげです~。 とても嬉しいです。 これからもどうぞよろしくお願いします。 有難うッ!!!!! (谷村新司風に読んでね。 あ、知らない???)
[PR]
# by soylista_y_bonita | 2006-07-19 16:14