これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

アルバイト 給料編

採点のアルバイトの全般的な流れはこんな感じ。
1. 採点者はプロジェクト期間中、同じ問題だけを採点する。
2. コンピューター上にスキャンされた解答用紙(つまり“手書き”のまま)が現れる。
3. 採点基準に従って得点のボタンをクリック。
4. 「採点提出」のボタンをクリックすると次の解答用紙が現れる。
これをずーっと繰り返すわけ。 同じ問題を採点しているのは多分10人ぐらいかな? これは定かではない。。。 とにかく複数の採点者が同じ問題の解答用紙を順繰りに採点する、つまり、今日私が採点した解答用紙を明日は別の人が採点するだろう、ということ。 そして、それぞれの採点者がつけた得点で最も多く一致しているものを最終的な得点にするらしい。 例えば、10点と採点した人が10人、9点が3人、8点が2人だとすると、最終的にその解答の得点は10点となるわけ。

私が今やっているのは小学校4年生の理科の問題。 作文だとおもっていたら、理科だったので、多少面食らってしまった。 テスト問題なので、あまり詳しく書けないのだけど、(多分大丈夫とは思うんだけどね・・・)問題用紙に挙げられている動物を2つのグループに分け、 そのグループ分けの理由を書くという問題。 例えば、「グループAは肉食動物だがグループBは草食動物」、という具合。 問題としては短いし、理由説明もたいていは短いので、このプロジェクトは1時間いくら、じゃなくて、一枚いくら。 一枚採点する毎に7セント(8円ぐらい?)もらえる。 時給として$10欲しければ、一時間に143枚の解答を採点しなければならない。 もしそれに届かなくても一応$10/1時間は保証されているが、それ以上採点して、一定の基準を満たしていると、更に一枚につき3セントのボーナスが付く。 一枚、10セントと言うことね。 先週は研修やら、慣れないやらあって、私は全然143枚/時間に届かなかった。 ところが、私の隣の隣でやっている彼女はたまたま科学者らしいのだが、先週なんと11,000枚も採点したんだと! それも基準を満たしているので、一枚10セント、合計1,100ドル(約12万円ほど)!! 一日4時間、週5日の仕事・・・先週は研修が4時間あったので、それを除いたら、16時間。 16時間で$1,100ということは時給$68.75!!!!! ス・ゴ・ス・ギ。 と言う話をしていたら、別のおばちゃん採点者が「あら、私先週7万枚採点したわ~。 基準も100%だったし~」と言っていた。 ということは給料$7,000? これは絶対嘘に違いない、と私は疑っている。

と言うわけで今日の私は燃えましたよ! もう、パターンも読めて来たし、慣れも出て来たので、ガツガツ、クリック、クリックやりました。 でも当日には採点したカウントが出ないので、また明日、今日の結果をご報告いたします。 ボーナス欲し~い。


[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-04-27 18:22 | アメリカで働く