これからどうする、どうなる!? アメリカで!

soylista.exblog.jp
ブログトップ

アメリカの出産事情

と、タイトルを挙げたものの、実際に私自身はアメリカで出産したことがないので、友達や私の周りにいた妊婦さん達を観察して思ったことを書こうと思う。

私がインターンシップで行った会社はウィスコンシン州のグリーンベイというアメフトチームのPackersで有名な町にあった。 初めて会社に行った時の印象は「わ~、なんてコピー機が古いんだ!」、「わ~、みんななんて服装がカジュアルなんだ!」、「わ~、なんでこんなに妊婦さんが多いんだー?」だった。

コピー機は多分日本だったら80年代位に使われてたような“図体はでかいが機能がない”というタイプのもので、最新のオフィス機器に囲まれて日本で仕事をしていた私にとっては「アメリカのトイレのドア周りは隙間だらけ」以上のカルチャーショックだった。 ソーター機能もなければ、ステープル機能もない!(ところで、なんでコピー機は“ホッチキス機能”って言わないの?)

服装がカジュアルだったのは、たまたま私の初日が、“パッカーズ カジュアルデー”だったのだ。 毎金曜日はもともとカジュアルデーで、更に週末にホームゲームがある金曜はパッカーズの服を着ることになっていた。 この日は月曜日だったんだけど、特にアメリカのフットボールファンには重要な“Monday Night Football”の日で、なおかつ対戦相手が当時宿敵と呼ばれた、ダラスカウボーイズだったのである。 いや~、びっくりするぐらい盛り上がってましたね。 いまだに覚えてるもん。 スーツで行った私は思い切り浮いてたね。

閑話休題。 主題は妊婦さんだった。 はっきり言って、ウィスコンシンは太っている人が多い。 だから、私が妊婦さんだと思った人の中で妊婦さんじゃなかった人もいるかも知れない。 『デボラ』って名前のすっごくいい人でとても仲良くしてくれた同期が名前を「デビー」か「デブ」って呼んでくれっていうんだけど、とても「デブ」とは最後まで私は呼べなかったよ。 だって、ほんとに大きいんだもん。 「予定日はいつ?」って聞くのもよく考えてからしないと失敗する。 一度「あ、もう生まれたのよ~。」なんて返事が帰って来てバツが悪い思いをしたこともある。 また、話が外れて来た。 体重のことじゃなかったんだよね、きょう書きたかったことは。

とにかく、妊婦さんも普通に仕事をしているのだ。 以前、臨月なのにガソリンスタンドでバイトしていたっていう義理の妹の話を書いたけど、ほんとにそんなの当たり前って感じ。 だいたい、出産は特別なことではない、女性には付き物というスタンスだし、チャイルドケアもあちこちにある。(保育料は結構高い。 日本と変わらない位) だからアメリカは、宗教観もあるだろうけど、安心して子供を産みやすい。 日本ではもう“寿退社”は流行らなくなりつつあるらしいけど、まだまだやっぱり赤ちゃんができたら、退職ってこと多いと思う。 復職制度のある会社や3年もの育休が取れる教員は別としても、やはり日本はお母さんが肩身の狭い思いをしないで働ける環境がまだまだ整っていない。 その辺を“なおざり”にしたまま“御座なり”の少子化対策したってね、あんた! だめなのよ!って言いたい。 別に働かなくたっていいでしょ、って言う意見もあるかもしれないが、この御時勢、ダンナの給料だけでやっていけるんですか? って聞きたいわ。

出産がさほど特別のことではない例: 赤ちゃんが生まれたよ!っていうニュースを聞いて、
「あれ? あの人昨日オフィスに来てなかった?」
「うん、昨日オフィスで産気付いて自分でちょっと行ってくるって病院に行ったんだって。」
まるで「じゃ、ちょっとランチに行って来ま~す。」感覚だ。 アメリカでは保険の関係で、出産の場合、よっぽどのことがない限り病院にいるのは一泊二日が普通だ。 日本は1週間が普通だから、私はアメリカ人は本当に体力とその回復力がすごいのだーーって思っていたのだけど、ついこの間赤ちゃんをアメリカで生んだ日本人の友達が、
「もちろん、無痛よ! む・つ・う!」
って言ったのを聞いて「なるほど! そうだったのか!」って思った。 そんなの早く気づけよ、って感じだけど、アメリカは無痛分娩が普通なんだ。 日本は自然分娩が大半だよね。 どっちがいいとか悪いとかって言うのは私は自然分娩しかしたことないからわからないけど、立ち会ったうちのダンナさんが言うには「次は無痛にしてね。」だって。 すごく痛がってる私を見て彼もすごくつらかったらしい。 自然分娩を予定している妊婦さん達へ: 5㌔ぐらいのダンベル持って、両腕の筋トレをすることをお勧めします。 もちろんダンベルをお腹に落とさないように気をつけて。 自然分娩ってとにかく腕に力が入っちゃって、翌日からもう腕なんてお箸も持ち上げられないぐらいの筋肉痛になっちゃうから、今から鍛えておくと、後々楽だと思うよ~。

c0039355_10542798.gif
[PR]
by soylista_y_bonita | 2005-01-31 19:13 | アメリカの医療